○宇都宮市中小企業等勤労者福利厚生資金融資条例施行規則

平成9年3月24日

規則第6号

宇都宮市中小企業勤労者福利厚生資金融資条例施行規則(昭和44年規則第33号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は,宇都宮市中小企業等勤労者福利厚生資金融資条例(昭和44年条例第17号。以下「条例」という。)第5条の規定に基づき,融資手続その他条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(中小企業者に準ずる法人)

第2条 条例第2条第1号に規定する規則で定める法人は,次の各号に掲げる法人とする。

(1) 社会福祉法(昭和26年法律第45号)第22条の社会福祉法人

(2) 一般社団法人又は一般財団法人

(3) 中小企業団体の組織に関する法律(昭和32年法律第185号)第3条第1項の中小企業団体

(4) 労働組合法(昭和24年法律第174号)第11条第1項の規定により登記した労働組合

(5) 前各号に準ずる法人として市長が認める法人

(平12規則55・平20規則61・一部改正)

(生活資金)

第3条 条例第2条第3号に規定する規則で定める資金は,本人又は扶養親族の出産費,医療費,冠婚葬祭費,住宅修理費,生活必需品の購入資金その他市長が必要と認める生活に要する資金とする。

(教育資金)

第4条 条例第2条第4号に規定する規則で定める資金は,本人,子又は扶養親族の入学金,授業料,必須教材費その他市長が必要と認める教育に要する資金とする。

(融資条件等)

第5条 資金の融資条件は,次のとおりとする。

区分

融資限度額

融資利率

償還期間

償還方法

その他の条件

生活資金

200万円

市と指定金融機関が協議して定める率

10年以内

融資の日の属する月の翌月から元利均等月割償還とする。ただし,繰上償還をすることができる。

資金の融資を受けた者であるときは,当該資金の未償還金がないこと。

教育資金

300万円

10年以内

2 融資する資金は,1人につき生活資金又は教育資金のいずれかとする。

(平22規則27・一部改正)

(互助会)

第6条 条例第4条第1項に規定する団体は,宇都宮市勤労者福利厚生資金互助会(以下「互助会」という。)とする。

(融資の申込み等)

第7条 資金の融資を受けようとする者は,互助会に加入の上,指定金融機関の定めるところにより,連帯保証人を定めて,指定金融機関に申し込まなければならない。

2 前項の融資の申込みは,別に定める申込書に次の各号に掲げる資金の種類に応じ当該各号に定める書類のほか一般社団法人日本労働者信用基金協会の保証書その他市長が必要と認める書類を添えて行わなければならない。

(1) 生活資金 請求書又は見積書

(2) 教育資金 合格通知書若しくは入学許可証の写し又は在学証明書

3 指定金融機関は,第1項の申込みを受けたときは,融資を申し込んだ者の返済能力及び連帯保証人の保証能力について必要な調査を行い,融資の適否を決定しなければならない。この場合において,融資を行おうとするときは,指定金融機関は,あらかじめ互助会に融資の適否について承認を受けなければならない。

(平11規則48・平19規則67・平25規則23―2・一部改正)

(報告)

第8条 指定金融機関は,資金の融資を行ったときは,市長に報告しなければならない。

2 市長は,必要があると認めるときは,資金の融資を行った指定金融機関に融資の返済の状況について報告を求めることができる。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

(施行期日)

1 この規則は,平成9年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の宇都宮市中小企業等勤労者福利厚生資金融資条例施行規則の規定は,この条例の施行の日以後に融資を決定する資金から適用し,同日前に融資を決定した資金については,なお従前の例による。

(平成11年6月30日規則第48号)

(施行期日)

1 この規則は,平成11年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第7条第2項の規定は,この規則の施行の日以後に行われる融資の申込みから適用し,同日前に行われた融資の申込みについては,なお従前の例による。

(平成12年6月27日規則第55号)

この規則は,公布の日から施行する。

(平成19年3月31日規則第67号)

(施行期日)

1 この規則は,平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の宇都宮市中小企業等勤労者福利厚生資金融資条例施行規則の規定は,この規則の施行の日以後に行われる融資の申込みから適用し,同日前に行われた融資の申込みについては,なお従前の例による。

(平成20年11月28日規則第61号)

この規則は,平成20年12月1日から施行する。

(平成22年3月31日規則第27号)

(施行期日)

1 この規則は,平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の宇都宮市中小企業等勤労者福利厚生資金融資条例施行規則の規定は,この規則の施行の日以後に行われる融資の申込みから適用し,同日前に行われた融資の申込みについては,なお従前の例による。

(平成25年3月29日規則第23―2号)

この規則は,平成25年4月1日から施行する。

宇都宮市中小企業等勤労者福利厚生資金融資条例施行規則

平成9年3月24日 規則第6号

(平成25年4月1日施行)