○宇都宮市文化財調査員設置規則

昭和42年1月21日

教育委員会規則第2号

(設置)

第1条 市の区域内に所在する文化財を調査するため,宇都宮市文化財調査員(以下「調査員」という。)を置く。

(職務)

第2条 調査員は,文化財の調査に関する事項を担任する。

2 前項の規定により調査を行う調査員は,その身分を示す証票を常に携帯し,必要があるときには,関係人にこれを提示しなければならない。

(平7教委規則4・一部改正)

(任命)

第3条 調査員は,文化財に関し高い識見を有する者のうちから,教育長が任命する。

(昭49教委規則10・一部改正)

(定数)

第4条 調査員の定数は,22人とする。

(平19教委規則10・一部改正)

(任期)

第5条 調査員の任期は,2年とする。ただし,欠員を生じた場合における補欠の調査員の任期は,前任者の残任期間とする。

(報酬及び費用弁償)

第6条 調査員には,日額報酬及び費用弁償として旅費を支給する。

2 前項の報酬及び旅費の額は,宇都宮市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和42年条例第7号)の規定に基づき,市長が定めるところによる。

(昭50教委規則6・全改)

附 則

1 この規則は,公布の日から施行する。

2 この規則施行の際現に廃止前の宇都宮市文化財保護審議委員等に関する規則(昭和31年教育委員会規則第2号)の規定により調査委員の職に在る者は,この規則の規定による調査員とみなし,その任期は,なお従前の例による。

附 則(昭和49年10月1日教育委員会規則第10号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和50年6月13日教育委員会規則第6号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成7年7月21日教育委員会規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月23日教育委員会規則第10号)

この規則は,平成19年3月31日から施行する。

宇都宮市文化財調査員設置規則

昭和42年1月21日 教育委員会規則第2号

(平成19年3月31日施行)

体系情報
第13類 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和42年1月21日 教育委員会規則第2号
昭和49年10月 種別なし第10号
昭和50年6月 種別なし第6号
平成7年7月 種別なし第4号
平成19年3月23日 教育委員会規則第10号