○宇都宮市監査委員事務局処務規程

昭和39年4月1日

監査委員告示第7号

(趣旨)

第1条 この規程は,法令その他別に定めがあるものを除くほか,宇都宮市監査委員事務局(以下「事務局」という。)の事務処理に関し必要な事項を定めるものとする。

(事務分掌)

第2条 事務局の事務分掌は,おおむね次のとおりとする。

(1) 監査委員に関すること。

(2) 監査方針及び監査計画に関すること。

(3) 定例監査,行政監査,工事監査及び財政援助団体等監査に関すること。

(4) 住民監査請求に係る監査その他の監査に関すること。

(5) 一般会計,特別会計及び企業会計に係る決算審査並びに基金の運用状況審査に関すること。

(6) 現金出納検査に関すること。

(7) 監査等についての調査研究に関すること。

(8) 外部監査に関すること。

(平17監査委告示8・旧第3条繰上・全改)

(事務局長)

第3条 事務局に事務局長を置く。

2 事務局長は監査委員の命を受け分掌事務を掌理し,所属職員を指揮監督する。

(昭49監査委告示1・追加,平17監査委告示8・旧第4条繰上)

(次長)

第4条 事務局に次長を置くことができる。

2 次長は,書記をもつて充てる。

3 次長は,事務局長を補佐し,事務局長に事故があるときは,その職務を代理する。

(昭49監査委告示1・追加,平17監査委告示8・旧第5条繰上)

(係長)

第5条 事務局に,上司の命を受けて事務局の分担事務を総括し,事務を処理する副主幹又は主査を置く。

2 前項の副主幹又は主査の名称は係長を用いる。

3 係長は書記をもって充てる。

4 係長は,事務局長又は次長を補佐し,次長を置く場合を除き,事務局長に事故があるときは,その分担事務につき,その職務を代理する。

(平18監査委告示6・全改,平28監査委告示6・一部改正)

(副主幹,主査及び副主査)

第6条 特に必要があるときは,事務局に,副主幹,主査又は副主査を置くことができる。

2 前項の副主幹,主査又は副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

3 主管する第5条第1項の副主幹又は主査に事故がある場合において上司の承認があつたときは,同条第4項の規定を主査の職務に準用する。

(平28監査委告示6・追加)

(担当係長)

第7条 特に必要があるときは,事務局に,第5条第1項の副主幹又は主査を補佐する主査を置くことができる。

2 前項の副主幹又は主査を補佐する主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

3 第1項の副主幹又は主査を補佐する主査の名称は,担当係長を用いる。

(平28監査委告示6・追加)

(総括)

第8条 特に必要があるときは,事務局に,第5条第1項の副主幹又は主査を補佐する副主査を置くことができる。

2 前項の副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

3 第1項の副主査の名称は,総括を用いる。

(平28監査委告示6・追加)

(専任)

第9条 特に必要があるときは,事務局に,特定分野の専門的な知識及び経験を活用して第5条第1項の副主幹又は主査を補佐する副主査を置くことができる。

2 前項の副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

3 第1項の副主査の名称は,専任を用いる。

(平28監査委告示6・追加)

(専決)

第10条 次の各号に掲げる事務は,事務局長に専決させるものとする。

(1) 職員(事務局長を除く。以下この項において同じ。)の旅行を命令し,その復命を受けること。

(2) 職員の服務に関する諸願書,届書及び申請書の処理に関すること。

(3) 職員の事務引継に関すること。

(4) 職員の時間外勤務,休日勤務及び特殊勤務の命令に関すること。

(5) 職員の週休日の振替え,4時間の勤務時間の割振り変更及び代休日の指定に関すること。

(6) 当直の勤務命令及び免除に関すること。

(7) 職員の職務専念義務免除を承認すること。

(8) 職員の通勤の認定に関すること。

(9) 職員の扶養家族の認定に関すること。

(10) 職員の住居手当の認定に関すること。

(11) 会計年度任用職員の任免に関すること。

(12) 行政情報の公開等を決定すること。

(13) 参考資料の収集その他軽易な照会,回答に関すること。

(14) その他定例的な事務の処理に関すること。

2 前項の規定にかかわらず,第4条第1項の規定により次長を置くときは,次に掲げる事務は,次長に専決させるものとする。

(1) 職員(事務局長及び次長を除く。以下この項において同じ。)の旅行を命令し,その復命を受けること。

(2) 職員の服務に関する請願書,届書及び申請書の処理に関すること。

(3) 職員の時間外勤務,休日勤務及び特殊勤務の命令に関すること。

(4) 職員の週休日の振替え,4時間の勤務時間の割振り変更及び代休日の指定に関すること。

(5) 当直の勤務命令及び免除に関すること。

(6) 職員の職務専念義務免除を承認すること(厚生に関する計画の実施に参加する場合に限る。)

(7) 参考資料の収集その他軽易な照会,回答に関すること。

3 前2項の規定にかかわらず,第5条第1項の規定により係長を置くときは,次に掲げる事務については,係長に専決させるものとする。

(1) 職員(事務局長,次長及び係長を除く。以下この項について同じ。)の旅行を命令し,その復命を受けること。

(2) 職員の年次休暇,特別休暇及び傷病休暇の願出を処理すること。

(3) 職員の時間外勤務,休日勤務及び特殊勤務の命令に関すること。

(4) 職員の週休日の振替え,4時間の勤務時間の割振り変更及び代休日の指定に関すること。

(5) 職員の職務専念義務免除を承認すること(厚生に関する計画の実施に参加する場合に限る。)

(6) 定例的な通知,照会,回答,各種の日報,月報の処理

4 事務局長は,次長に主幹を配置する場合において,第1項各号に掲げる事務のうち,特に必要があると認めるものは,代表監査委員の承認を得て,次長に処理させることができる。

(昭49監査委告示1・旧第3条繰下・一部改正,昭50監査委告示3・昭51監査委告示3・昭54監査委告示2・昭58監査委告示2・昭61監査委告示10・平元監査委告示7・平4監査委告示2・平4監査委告示4・一部改正,平7監査委告示5・旧第8条繰上・一部改正,平13監査委告示10・平14監査委告示6―2・一部改正,平17監査委告示8・旧第7条繰上・一部改正,平22監査委告示4・平27監査委告示5・一部改正,平28監査委告示6・旧第6条繰下・一部改正,令2監査委告示8―3・一部改正)

(公印)

第11条 監査委員の公印の種類及びひな型は,別表のとおりとする。

(昭49監査委告示1・旧第4条繰下,平7監査委告示5・旧第9条繰上,平17監査委告示8・旧第8条繰上,平26監査委告示2・一部改正,平28監査委告示6・旧第7条繰下)

(公印管守者等)

第12条 公印の保管,使用承認その他公印の管理を行うため,公印管守者及び公印管守補助者を置く。

2 公印管守者は,庶務に関する事務を担当する係長をもつて充てる。

3 公印管守補助者は,公印管守者が事務局の職員のうちから指定する。

4 公印を作製し,改刻し,又は廃止しようとするときは,代表監査委員の承認を受けなければならない。

5 公印を押印しようとする者は,別に定める電子的方法により公印の使用を申請し,押印を必要とする文書を公印管守者又は公印管守補助者に提示しなければならない。ただし,書面により決裁を受けた場合にあつては,押印を必要とする文書に決裁文書を添え公印管守者又は公印管守補助者に提示しなければならない。

6 公印管守者又は公印管守補助者は,前項の規定により公印を押印しようとする文書が提示されたときは,別に定める電子的方法又は書面による決裁文書と照合しなければならない。

7 公印管守者又は公印管守補助者は,前項に規定する照合の結果,公印の押印を適当と認めたときは,別に定める電子的方法により公印の使用を承認しなければならない。

8 公印を押印しようとする者は,前項に規定する承認がなされたときは,押印を必要とする文書に対し,当該承認がなされた数の公印を押印するものとする。

(平26監査委告示2・追加,平28監査委告示6・旧第8条繰下)

(補則)

第13条 この規程に定めるもののほか,事務処理,職員の服務等については,市長事務部局の例による。

(平7監査委告示5・全改,平17監査委告示8・旧第9条繰上,平26監査委告示2・旧第8条繰下,平28監査委告示6・旧第9条繰下)

附 則

この規程は,昭和39年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年3月28日監査委員告示第1号)

この規程は,昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年1月17日監査委員告示第3号)

この規程は,公布の日から施行する。

改正文(昭和51年5月31日監査委員告示第3号)

昭和51年6月1日から施行する。

改正文(昭和54年3月31日監査委員告示第2号)

昭和54年4月1日から適用する。

改正文(昭和58年3月1日監査委員告示第2号)

昭和58年4月1日から適用する。

附 則(昭和61年10月6日監査委員告示第10号)

この規程は,昭和61年10月6日から施行する。

改正文(平成元年3月31日監査委員告示第7号)

平成元年4月2日から適用する。

改正文(平成4年3月31日監査委員告示第2号)

平成4年4月1日から適用する。

改正文(平成4年6月30日監査委員告示第4号)

平成4年7月1日から適用する。

改正文(平成7年11月20日監査委員告示第5号)

平成7年4月1日から適用する。

改正文(平成13年4月1日監査委員告示第10号)

平成13年4月1日から適用する。

改正文(平成14年4月1日監査委員告示第6―2号)

平成14年4月1日から適用する。

改正文(平成16年4月1日監査委員告示第12号)

平成16年4月1日から適用する。

改正文(平成17年3月31日監査委員告示第8号)

平成17年4月1日から適用する。

改正文(平成18年4月1日監査委員告示第6号)

平成18年4月1日から適用する。

改正文(平成22年3月29日監査委員告示第4号)

平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成26年3月17日監査委員告示第2号)

この規程は,平成26年4月1日から施行する。

改正文(平成27年3月27日監査委員告示第5号)

平成27年4月1日から施行する。

改正文(平成28年3月31日監査委員告示第6号)

平成28年4月1日から適用する。

改正文(令和2年3月31日監査委員告示第8―3号)

令和2年4月1日から適用する。

別表

公印名

ひな形

書体

寸法(ミリメートル)

用途

宇都宮市監査委員印

1

てん書

方 21

一般文書用

宇都宮市代表監査委員印

2

方 21

1

2

画像

画像

宇都宮市監査委員事務局処務規程

昭和39年4月1日 監査委員告示第7号

(令和2年3月31日施行)

体系情報
第14類 行政委員会及び委員/第2章 監査委員
沿革情報
昭和39年4月1日 監査委員告示第7号
昭和49年3月 種別なし第1号
昭和50年1月 種別なし第3号
昭和51年5月 種別なし第3号
昭和54年3月 種別なし第2号
昭和58年3月 種別なし第2号
昭和61年10月 種別なし第10号
平成元年3月 種別なし第7号
平成4年3月 種別なし第2号
平成4年6月 種別なし第4号
平成7年11月 種別なし第5号
平成13年4月1日 監査委員告示第10号
平成14年4月1日 監査委員告示第6号の2
平成16年4月1日 監査委員告示第12号
平成17年3月31日 監査委員告示第8号
平成18年4月1日 監査委員告示第6号
平成22年3月29日 監査委員告示第4号
平成26年3月17日 監査委員告示第2号
平成27年3月27日 監査委員告示第5号
平成28年3月31日 監査委員告示第6号
令和2年3月31日 監査委員告示第8号の3