○宇都宮市法定外公共物管理条例施行規則

平成15年3月31日

規則第22号

(趣旨)

第1条 この規則は,宇都宮市法定外公共物管理条例(平成14年条例第53号。以下「条例」という。)第21条の規定に基づき,条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(許可の申請等)

第2条 条例第4条第1項前段の規定により許可を受けようとする者は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定める申請書を市長に提出しなければならない。

(1) 条例第4条第1項第1号第2号及び第7号に掲げる行為 法定外公共物占用許可申請書

(2) 条例第4条第1項第3号に掲げる行為 法定外公共物流水占用許可申請書

(3) 条例第4条第1項第4号に掲げる行為 法定外公共物汚水排出許可申請書

(4) 条例第4条第1項第5号に掲げる行為 法定外公共物工事施行許可申請書

(5) 条例第4条第1項第6号に掲げる行為 法定外公共物土石等採取許可申請書

2 条例第4条第1項後段の規定により許可を受けた事項を変更しようとする者は,変更を証する書面を添えて,前項各号に掲げる行為の許可の区分に応じ,当該各号に定める申請書を市長に提出しなければならない。

3 条例第5条第2項の規定により期間の更新の許可を受けようとする者は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定める申請書を市長に提出しなければならない。

(1) 条例第4条第1項第1号第2号及び第7号に掲げる行為の許可の期間の更新 法定外公共物占用許可申請書

(2) 条例第4条第1項第3号に掲げる行為の許可の期間の更新 法定外公共物流水占用許可申請書

(3) 条例第4条第1項第6号に掲げる行為の許可の期間の更新 法定外公共物土石等採取許可申請書

(平17規則9・一部改正)

(占用料等の減免)

第3条 条例第7条の規定により占用料等の減免を受けようとする者は,占用料等減免申請所を市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の申請を承認したときは,占用料等減免決定通知書を当該申請者に交付するものとする。

3 前2項の規定にかかわらず,市長が特に必要があると認めるときは,当該申請書の提出又は当該決定通知書の交付を省略することができる。

(平17規則9・一部改正)

(工事の完了検査)

第4条 条例第12条の規定による工事の完了の届出は,法定外公共物工事完了届によるものとする。

(地位の承継)

第5条 条例第13条の規定による地位の承継の届出は,法定外公共物地位承継届によるものとする。

(権利の譲渡)

第6条 条例第14条の規定により権利の譲渡をしようとする者は,譲渡を証する書面を添えて,法定外公共物権利譲渡申請書を市長に提出しなければならない。

(原状回復の検査)

第7条 条例第18条の規定による原状回復の届出は,法定外公共物原状回復届によるものとする。

(身分証明書)

第8条 条例第19条第3項の規定による身分を示す証明書は,宇都宮市職員の身分を示す証票に関する規則(昭和47年規則第59号)の定めるところによる。

(様式)

第9条 この規則に規定する申請書等の様式は,別に定める。

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

この規則は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日規則第9号)

この規則は,平成17年4月1日から施行する。

宇都宮市法定外公共物管理条例施行規則

平成15年3月31日 規則第22号

(平成17年4月1日施行)