○宇都宮市上下水道局処務規程

平成16年3月31日

企業管理規程第2号

宇都宮市水道局処務規程(昭和42年企業管理規程第4号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は,宇都宮市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例(昭和41年条例第53号)第6条に規定する宇都宮市上下水道局(以下「局」という。)の事務処理について必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 局の事務を処理するため,次の位置に事務所を置く。

宇都宮市河原町1番41号

2 局に次の課,センター及び室(以下「課等」という。)を置く。

経営企画課

企業総務課

サービスセンター

工事受付センター

水道管理課

水道建設課

下水道管理課

下水道建設課

水質管理課

技術監理室

3 水道管理課の管理の下に,配水管理センター及び浄水場を置き,その名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

宇都宮市上下水道局配水管理センター

宇都宮市山本1丁目37番27号

宇都宮市上下水道局松田新田浄水場

宇都宮市今里町1188番地2

宇都宮市上下水道局白沢浄水場

宇都宮市白沢町1136番地18

宇都宮市上下水道局今市浄水場

日光市瀬川1334番地1

宇都宮市上下水道局今里浄水場

宇都宮市今里町118番地2

宇都宮市上下水道局謡辻浄水場

宇都宮市宮山田町1138番地1

4 下水道管理課の管理の下に,終末処理場(以下「処理場」という。)を置き,その名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

宇都宮市上下水道局川田水再生センター

宇都宮市川田町240番地

宇都宮市上下水道局下河原水再生センター

宇都宮市下河原1丁目2番41号

宇都宮市上下水道局清原水再生センター

宇都宮市清原工業団地3番地4

宇都宮市上下水道局上河内水再生センター

宇都宮市芦沼町2177番地2

宇都宮市上下水道局河内水再生センター

宇都宮市下岡本町2382番地1

5 水質管理課の管理の下に,水質検査センターを置き,その名称及び位置は次のとおりとする。

名称

位置

宇都宮市上下水道局水質検査センター

宇都宮市今里町1188番地2

(平16企規程7・平18企規程4・平18企規程5・平19企規程4・平23企規程1・平26企規程2・令4企規程1・一部改正)

(分掌事務)

第3条 経営企画課の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 経営方針の策定に関すること。

(2) 基本計画の策定に関すること。

(3) 上下水道事業に係る総合的な水政策の策定に関すること。

(4) 事務及び事業の総合調整に関すること。

(5) 特命による企画及び調査に関すること。

(6) 水道料金等審議会に関すること。

(7) 予算の作成,配当及び執行管理に関すること。

(8) その他財政に関すること。

(9) 広報及び情報提供に関すること。

(10) 顧客ニーズの把握に関すること。

(11) 電子計算適用業務のシステム開発及び調査研究に関すること。(他の主管に属するものを除く。)

(12) 出納その他会計事務に関すること。

(13) 決算及び業務状況報告に関すること。

(14) 経営分析に関すること。

(15) 資金計画並びに現金及び有価証券の保管に関すること。

(16) 出納取扱金融機関等に関すること。

(17) 固定資産台帳の記録整理に関すること。

(18) たな卸資産の出納,検収及び管理に関すること。

(19) 課の文書,予算その他の庶務に関すること。

(20) 他の課に属しない事務に関すること。

2 企業総務課の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 条例及び企業管理規程の審査,解釈及び公告に関すること。

(2) 事務管理に関すること。

(3) 職員の任免その他の人事,給与及び研修に関すること。

(4) 職員の福利,厚生,安全及び衛生並びに公務災害に関すること。

(5) 職員の労務に関すること。

(6) 局の文書及び公印の管理に関すること。

(7) 秘書に関すること。

(8) 日本水道協会及び日本下水道協会に関すること。

(9) 危機管理に関すること。

(10) 契約に関すること。(他の主管に属するものを除く。)

(11) たな卸資産及び物品の調達に関すること。

(12) 指名業者選考委員会等に関すること。

(13) 庁舎の維持管理に関すること。

(14) 車両に関すること。

(15) 土地の取得及び処分並びに損失補償に関すること。

(16) 土地及び建物の賃貸借に関すること。

(17) 課の文書,予算その他の庶務に関すること。

3 サービスセンターの分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 上下水道加入促進及び事業収入の収納に係る方針策定に関すること。

(2) 水道加入及び下水道接続促進に関すること。

(3) 水道料金,下水道使用料,地域下水処理施設使用料,工業団地排水処理施設使用料,農業集落排水処理施設使用料,下水道受益者負担金,下水道分担金及び農業集落排水事業分担金(以下「水道料金等」という。)の対象者の登録管理に関すること。

(4) 水道料金等(農業集落排水事業分担金を除く。)の電算システムの運用管理に関すること。

(5) 水道料金等の調定及び納入に関すること。

(6) 水道料金等の過誤納金の還付に関すること。

(7) 水道料金等に係る諸届の受付に関すること。

(8) 給水装置の開閉栓に関すること。

(9) 水道メーター等の点検及び使用水量の計量に関すること。

(10) 使用水量の審査及び認定に関すること。

(11) 水道メーター等の維持管理に関すること。

(12) 不正使用者の調査及び処理に関すること。

(13) 水道料金等(農業集落排水事業分担金を除く。)の口座振替に関すること。

(14) 水道料金等の督促状の発付及び滞納整理に関すること。

(15) 停水処分に関すること。

(16) 水道料金等の不納欠損処分に関すること。

(17) センターの文書,予算その他の庶務に関すること。

4 工事受付センターの分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 給配水管路の図面管理に関すること。

(2) 下水道管路の図面管理に関すること。

(3) 宅地開発等における給水工事に関すること。

(4) 宅地開発等における下水道施設に関すること。

(5) 下水道施設の接続に関すること(1千平方メートル未満の開発)

(6) 公共枡設置(市負担)に関すること。

(7) 物件設置(変更)工事(個人負担)に関すること。

(8) 区域外下水の放流の許可に関すること。

(9) 給水要望に関すること。

(10) 給水装置工事の施工承認に関すること。

(11) 排水設備工事の施工確認に関すること。

(12) 給水装置工事及び排水設備工事の検査及び指導に関すること。

(13) 指定給水装置工事事業者及び排水設備指定工事店等の指定及び指導に関すること。

(14) 直結給水に関すること。

(15) 水道加入金及び手数料等の調定,収納及び還付に関すること。

(16) 公共下水道接続工事資金融資あっせん等の補助金に関すること。

(17) 雨水貯留施設等設置費補助金に関すること。

(18) センターの文書,予算その他の庶務に関すること。

5 水道管理課の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 水道施設管理の統括に関すること。

(2) 水道事業の全体計画及び事業計画に関すること。

(3) 水道事業の認可申請に関すること。

(4) 水源開発に関すること。

(5) 国庫補助対象事業の要望に関すること。

(6) 国庫補助金の交付申請及び精算報告等に関すること。

(7) 決算水量に関すること。

(8) 課の文書,予算その他の庶務に関すること。

配水管理センター

(1) 水道施設の維持管理に関すること(松田新田浄水場及び今市浄水場の主管に属するものを除く。)

(2) 配水コントロールに関すること。

(3) 配水量等の統計に関すること。

(4) 有収率向上対策に関すること。

(5) 局内外の工事等の情報に関すること。

(6) 給水管(配水管への取付口から水道メーター手前までに限る。以下この項において同じ。)の維持管理に関すること。

(7) 配水管及び給水管の漏水調査に関すること。

(8) 配水管及び給水管等の修繕に関すること。

(9) 配水管及び給水管破損等の工事費用の徴収に関すること。

(10) 局外工事に伴う配水管及び給水管の確認に関すること。

松田新田浄水場

(1) 松田新田浄水場,高間木取水場,今里浄水場(取水場含む),謡辻浄水場(取水場含む),今里配水場,立伏配水場,立伏増圧所,上小倉増圧所,関白増圧所及び松田新田増圧所に係る水道施設の維持管理に関すること。

今市浄水場

(1) 今市浄水場に係る水道施設の維持管理に関すること。

6 水道建設課の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 水道施設の新設・更新・耐震化工事の調査及び設計,工事監理に関すること。

(2) 水道管路の新設・更新・耐震化工事の調査及び設計,工事監理に関すること。

(3) 土地区画整理事業に伴う水道管路の新設工事の調査及び設計,工事監理に関すること。

(4) 他事業関連の工事に伴う水道管路の移設工事の調査及び設計,工事監理に関すること。

(5) 課の文書,予算その他の庶務に関すること。

7 下水道管理課の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 公共下水道の全体計画及び事業計画に関すること。

(2) 生活排水処理基本計画に関すること。

(3) 公共下水道の供用開始及び指定の公示に関すること。

(4) 公共下水道等の国庫補助対象事業の要望に関すること。

(5) 公共下水道等の国庫補助金の交付申請及び精算報告等に関すること。

(6) 公共下水道等の設計,工事,改良工事に関すること(他の主管に属する管きょを除く。)

(7) 公共下水道等の維持管理に関すること(川田水再生センターの主管に属するものを除く。)

(8) 公共下水道等の有収率に関すること。

(9) 排水施設に関する行為の制限の許可に関すること。

(10) 公共下水道等の敷地又は占用許可及び境界査定に関すること。

(11) 公共下水道等の整備及び維持管理に係る調査及び計画に関すること(他の主管に属する管きょ整備を除く。)

(12) 課の文書,予算その他の庶務に関すること。

水再生センター

(1) 水再生センター及び中継ポンプ場の維持管理及び修繕に関すること。

8 下水道建設課の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 公共下水道の統計に関すること。

(2) 公共下水道の管きょ整備に係る調査及び実施計画に関すること。

(3) 公共下水道の管きょの設計及び工事に関すること。

(4) 公共下水道の管きょの改良工事に関すること。

(5) 所管に属する事業の損失補償に関すること。

(6) 課の文書,予算その他の庶務に関すること。

9 水質管理課の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 上下水道の水質管理に係る計画に関すること。

(2) 生活排水の水質管理に関すること。

(3) 下水道区域内の除害施設及び特定施設の調査及び指導に関すること。

(4) 上下水道施設の処理工程から発生する汚泥等の処理に関すること。

(5) 栃木県下水汚泥資源化推進協議会に関すること。

(6) 浄化槽法(昭和58年法律第43号)に基づく届出等に関すること。

(7) 浄化槽保守点検業の登録に関すること。

(8) 浄化槽清掃業の許可に関すること。

(9) 合併処理浄化槽補助金制度に関すること。

(10) 課の文書,予算その他の庶務に関すること。

水質検査センター

(1) 水道水の水質管理に関すること。

(2) 水道水の水質検査に関すること。

(3) 水道水質の調査及び研究に関すること。

(4) 貯水槽水道の管理指導に関すること。

(5) 水道水の水質事故に係る他事業体との連絡調整に関すること。

(6) 水道水の水質検査結果の統計及び公表に関すること。

10 技術監理室の分掌事務は,おおむね次のとおりとする。

(1) 技術監理に関すること。

(2) 建設工事に係る検査に関すること。

(3) 検査資料の収集及び整理に関すること。

(4) 建設部門の連絡調整に関すること。

(5) 室の文書,予算その他の庶務に関すること。

(平18企規程4・平18企規程5・平19企規程4・平21企規程2・平22企規程4・平23企規程1・平24企規程1―2・平26企規程2・平28企規程4・平31企規程5・令4企規程1・一部改正)

(担当次長)

第4条 局に経営担当次長及び技術担当次長(以下「担当次長」という。)を置く。

2 経営担当次長は,上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)を補佐し,局の経営及び労務管理に関する事務を監督する。

3 技術担当次長は,管理者を補佐し,局の技術管理に関する事務を監督する。

(課長,所長及び室長)

第5条 課に課長,サービスセンター及び工事受付センターに所長,技術監理室に室長(以下「課長等」という。)を置く。

2 課長等は,上司の命を受け,分掌事務を掌理し,所属職員を指揮監督する。

(平18企規程4・平19企規程4・平19企規程8・平26企規程2・一部改正)

(課長補佐及び室長補佐)

第6条 特に必要があるときは,課等に課長等を補佐する副主幹を置くことができる。

2 前項の副主幹の名称は,課長を補佐する職にあっては課長補佐を用い,所長を補佐する職にあっては副所長を用い,室長を補佐する職にあっては室長補佐を用いる(以下「補佐等」という。)

3 補佐等は,上司の命を受け,職員の担任する事務を監督し,課長等に事故があるときは,その職務を代理する。

(平18企規程4・全改,平28企規程4・一部改正)

(係長)

第6条の2 課等に,上司の命を受けて課等の分担事務を総括し,事務を処理する副主幹又は主査を置く。

2 前項の副主幹又は主査の名称は,係長を用いる。

(平18企規程4・追加,平28企規程4・一部改正)

(担当係長)

第6条の3 特に必要があるときは,課等に第6条の2第1項の副主幹又は主査を補佐する主査を置くことができる。

2 前項の副主幹又は主査を補佐する主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

3 第1項の副主幹又は主査を補佐する主査の名称は,担当係長を用いる。

(平28企規程4・追加)

(総括)

第6条の4 特に必要があるときは,課等に第6条の2第1項の副主幹又は主査を補佐する副主査を置くことができる。

2 前項の副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

3 第1項の副主査の名称は,総括を用いる。

(平28企規程4・追加)

(専任)

第6条の5 特に必要があるときは,課等に特定分野の専門的な知識及び経験を活用して第6条の2第1項の副主幹又は主査を補佐する副主査を置くことができる。

2 前項の副主査は,上司の命を受けてその分担事務を処理する。

3 第1項の副主査の名称は,専任を用いる。

(平28企規程4・追加)

(担当)

第7条 経営企画課に経営担当,企業総務課に労務担当,サービスセンターに窓口担当を置く。

2 経営担当は,局の経営管理を分担し,その事務を処理する。

3 労務担当は,局の労務管理を分担し,その事務を処理する。

4 窓口担当は,局の窓口サービスの管理を分担し,その事務を処理する。

(参事,副参事,主幹,副主幹,主査及び副主査)

第8条 特に必要があるときは,局に参事及び副参事を,課等に主幹,副主幹,主査及び副主査を置くことができる。

2 参事及び副参事,主幹,副主幹,主査及び副主査は,上司の命を受け,その分担事務を処理する。

(平28企規程4・一部改正)

(検査監及び副検査監)

第9条 技術監理室に検査監及び副検査監各若干名を置く。

2 検査監は,上司の命を受け,相当の知識経験を必要とする技術管理上の専門事項について調査研究するとともに,建設工事の検査,試験等の事務を処理する。

3 副検査監は,上司の命を受け,技術管理上の専門事項について調査研究するとともに,建設工事の検査,試験等の事務を処理する。

(所長,室長,場長,副所長及び副場長)

第10条 配水管理センターに所長,浄水場に場長,水再生センターに所長,水質検査センターに所長(以下「場長等」という。)を置く。

2 特に必要があるときは,浄水場に副場長,配水管理センター及び水再生センターに副所長(以下「副場長等」という。)を置くことができる。

3 場長等は,上司の命を受け,その分担事務を処理する。

4 副場長等は,上司の命を受け,その分担事務を処理し,場長に事故があるときは,その分担事務につき,その職務を代理する。

(平18企規程4・平18企規程5・平19企規程8・平26企規程2・令4企規程1・一部改正)

(職員の事務分担)

第11条 職員の配置及び事務分担は,課長等において定め,文書をもってこれを管理者に報告しなければならない。

(平18企規程4・旧第12条繰上・一部改正)

(事務の処理)

第12条 事務は,すべて管理者の決裁を経て処理しなければならない。ただし,別に企業管理規程で定めるところによりその一部を担当次長及び課長等に専決させるものとする。

(平18企規程4・旧第13条繰上)

(事務の代決)

第13条 前条本文の規定により事務を処理する場合において管理者が不在のときは,その事項に係る事務を主管する担当次長が代決する。

2 前項の場合において,担当次長も不在である場合においては,その事項に係る事務を主管する課長等(以下「主管課長」という。)が代決する。

3 担当次長が専決する事項について,担当次長が不在であるときは,主管課長が代決する。

4 課長等が専決する事項について,課長等が不在であるときは,あらかじめ課長等が指定する職員が代決する。

5 場長等が専決する事項について,場長等が不在であるときは,あらかじめ場長等が指定する職員が代決する。

(平18企規程4・旧第14条繰上)

(代決の範囲)

第14条 前条に規定する代決は,あらかじめ指示を受けた事項及び特に至急に処理しなければならない事項に限りすることができる。ただし,急を要するものであっても,職員の進退又は賞罰に関するもの,事の異例に属するもの,新規の事項及び疑義のあるものについては,代決をすることができない。

(平18企規程4・旧第15条繰上)

(後閲)

第15条 代決した文書は,代決者印の上部に「代」と,管理者又は専決者欄には「後閲」と表示して処理するものとする。

2 前項の規定により処理した文書は,上司が登庁の際承認を求めなければならない。

(平18企規程4・旧第16条繰上)

(服務)

第16条 職員の服務については,別に企業管理規程で定めるもののほか,宇都宮市職員服務規程(昭和36年訓令第4号)の例による。

(平18企規程4・旧第17条繰上)

(文書の取扱い)

第17条 水道業務,下水道業務及び生活排水処理業務の文書の取扱いについては,別に定めがあるものを除くほか,宇都宮市文書取扱規程(平成23年訓令第1号)の例による。

2 各課の課名略号は,別表のとおりとする。

(平18企規程4・旧第18条繰上,平23企規程1・平26企規程2・一部改正)

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年10月8日企業管理規程第7号)

この規程は,平成16年10月12日から施行する。

附 則(平成18年3月31日企業管理規程第4号)

この規程は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月21日企業管理規程第5号)

この規程は,平成19年3月31日から施行する。

附 則(平成19年3月31日企業管理規程第4号)

この規程は,平成19年3月31日から施行する。

附 則(平成19年4月1日企業管理規程第8号)

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日企業管理規程第2号)

この規程は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日企業管理規程第4号)

この規程は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日企業管理規程第1号)

この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年4月1日企業管理規程第1―2号)

この規程は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日企業管理規程第2号)

この規程は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日企業管理規程第4号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月31日企業管理規程第5号)

この規程は,平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和4年3月31日企業管理規程第1号)

この規程は,令和4年4月1日から施行する。

別表(第17条関係)

(令4企規程1・全改)

課名略号

課名

文書記号

経営企画課

水経

企業総務課

水企

サービスセンター

水サ

工事受付センター

水工

水道管理課

水管

水道建設課

水建

下水道管理課

水下管

下水道建設課

水下建

水質管理課

水質

技術監理室

水技

配水管理センター

水配

松田新田・今市浄水場

水松浄

水質検査センター

水検セ

川田水再生センター

水川再

宇都宮市上下水道局処務規程

平成16年3月31日 企業管理規程第2号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第11類 公営企業/第1章 組織・処務
沿革情報
平成16年3月31日 企業管理規程第2号
平成16年10月8日 企業管理規程第7号
平成18年3月31日 企業管理規程第4号
平成18年12月21日 企業管理規程第5号
平成19年3月31日 企業管理規程第4号
平成19年4月1日 企業管理規程第8号
平成21年3月31日 企業管理規程第2号
平成22年3月31日 企業管理規程第4号
平成23年3月31日 企業管理規程第1号
平成24年4月1日 企業管理規程第1号の2
平成26年3月31日 企業管理規程第2号
平成28年3月31日 企業管理規程第4号
平成31年3月31日 企業管理規程第5号
令和4年3月31日 企業管理規程第1号