○宇都宮市医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律施行細則

平成17年3月31日

規則第30号

(趣旨)

第1条 医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号。以下「法」という。)の施行については,医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律施行令(昭和36年政令第11号)及び医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則(昭和36年厚生省令第1号)に定めるもののほか,この規則の定めるところによる。

(平26規則39・一部改正)

(薬局等の管理者の兼務許可)

第2条 法第7条第3項ただし書,第28条第3項ただし書及び第39条の2第2項ただし書に規定する申請は,管理者兼務許可申請書によるものとする。

2 市長は,前項の申請を許可したときは,当該申請者に対し,管理者兼務許可書を交付する。

3 前項の許可書の交付を受けた者が,その実務に従事しなくなったときは,速やかに管理者兼務廃止届出書を市長に提出しなければならない。

(平21規則29・平23規則5・平26規則39・一部改正)

(管理医療機器の販売業及び貸与業の届出済証の交付)

第3条 法第39条の3第1項の規定による届出をした管理医療機器の販売業者又は貸与業者は,当該届出をしたことを証する書類(以下「届出済証」という。)の交付を申請することができる。

2 前項の規定による申請をする者は,管理医療機器販売業(貸与業)届出済証交付申請書を市長に提出しなければならない。

3 市長は,第1項の申請が適正であることを確認したときは,当該申請者に対し,届出済証を交付する。

(平24規則4・追加,平26規則39・一部改正)

(管理医療機器の販売業及び貸与業の届出済証の書換え交付)

第4条 前条第1項の規定により届出済証の交付を受けた管理医療機器の販売業者又は貸与業者は,政令第53条において読み替えて準用する法第10条第1項の規定による届出をしたことにより当該届出済証の記載内容に変更を生じたときは,その書換え交付を申請することができる。

2 前項の規定による申請をする者は,管理医療機器販売業(貸与業)届出済証書換え交付申請書を市長に提出しなければならない。

3 市長は,第1項の申請が適正であることを確認したときは,当該申請者に対し,届出済証の書換え交付を行う。

(平24規則4・追加,平26規則21・平26規則39・一部改正)

(管理医療機器の販売業及び貸与業の届出済証の再交付)

第5条 管理医療機器の販売業者又は貸与業者は,届出済証を破損し,汚損し,又は紛失したときは,その再交付を申請することができる。

2 前項の規定による申請をする者は,管理医療機器販売業(貸与業)届出済証再交付申請書を市長に提出しなければならない。この場合において,届出済証を破り,又は汚した管理医療機器の販売業者又は貸与業者は,当該破損し,又は汚損した届出済証を添えなければならない。

3 市長は,第1項の申請が適正であることを確認したときは,当該申請者に対し,届出済証の再交付を行う。

(平24規則4・追加,平26規則39・一部改正)

(様式)

第6条 この規則に規定する申請書等の様式は,別に定める。

(平24規則4・旧第3条繰下)

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

(平24規則4・旧第4条繰下)

附 則

この規則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成21年5月29日規則第29号)

この規則は,平成21年6月1日から施行する。

附 則(平成23年3月24日規則第5号)

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月23日規則第4号)

この規則は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年6月11日規則第21号)

(施行期日)

1 この規則は,平成26年6月12日から施行する。

附 則(平成26年11月21日規則第39号)

この規則は,平成26年11月25日から施行する。

宇都宮市医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律施行細則

平成17年3月31日 規則第30号

(平成26年11月25日施行)