○宇都宮市議会図書室規程

平成18年12月1日

議会告示第3号

(趣旨)

第1条 この規程は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第100条第19項の規定に基づき設置する宇都宮市議会図書室(以下「図書室」という。)の管理及び運営について必要な事項を定める。

(平20議会告示3・平24議会告示1・一部改正)

(管理)

第2条 図書室は,議長の命を受け,事務局長が管理する。

(図書の収集保管)

第3条 図書室は,次の各号に掲げる図書(刊行物を含む。)で議員の調査研究に資するものを収集保管するものとする。

(1) 政府が発行する図書

(2) 栃木県が発行する図書

(3) 宇都宮市議会が発行する図書

(4) 宇都宮市が発行する図書

(5) 他の地方公共団体その他関係機関が発行する図書

(6) 地方自治行政に関する図書

(7) 前各号に定めるもののほか必要と認める図書

(利用者の範囲)

第4条 図書室は,議員のほか,議員の調査研究に支障のない範囲において市職員が利用することができる。ただし,事務局長が特に必要と認めるときは,市民その他の者に利用させることができる。

(開室時間)

第5条 図書室の開室時間は,事務局の執務時間とする。ただし,図書管理その他の管理上の必要があるときは,閉室することができる。

(利用の方法)

第6条 図書の利用は,閲覧及び貸出しの方法によるものとする。

2 前項の規定にかかわらず,市民その他の者の利用については閲覧に限るものとする。

(閲覧)

第7条 図書の閲覧は,図書室内において行うものとし,閲覧終了後は図書を所定の位置に戻さなければならない。

(貸出し)

第8条 図書の貸出しを受けようとする者は,希望の図書を事務局の担当係員(以下「係員」という。)に提示し,必要な手続きをしなければならない。

2 図書の貸出期間は,貸出日の翌日から2週間以内とする。

3 事務局長は,図書の管理上その他必要があるときは,貸出期間中であっても返納を請求することができる。

4 図書の貸出しを受けた者は,貸出期間が満了したとき又は前項の請求を受けたときは,直ちに当該図書を係員に返納しなくてはならない。

(貸出しの制限)

第9条 前条の規定にかかわらず,議長は,図書管理その他の管理上の必要があるときは,貸出しする冊数を制限し,又は貸出しを禁止することができる。

(遵守事項)

第10条 図書室を利用する者は,次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 図書は,丁寧に取り扱い,汚損又は切取り等(以下「損傷」という。)をしてはならない。

(2) 貸出図書は,他人に譲渡し,又は転貸ししてはならない。

2 図書を紛失又は損傷した者は,係員に申し出て,必要な手続きをしなければならない。

(図書の紛失等のときの措置)

第11条 議長は,図書を紛失し,若しくは損傷した者に対して,図書の代納その他必要な措置を命ずることができる。

(図書の登録)

第12条 事務局長は,図書の購入及び寄贈図書の受領があったときは,当該図書を図書管理簿に登録しなければならない。ただし,雑誌その他の軽易な図書については,図書管理簿の登録を省略することができる。

(図書の登録抹消)

第13条 事務局長は,次に掲げる図書を図書管理簿の登録から抹消することができる。

(1) 資料的価値が乏しくなった図書

(2) 損傷により利用不可能な図書

(3) 紛失した図書

(4) その他登録を抹消することが適当な図書

(補則)

第14条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,議長が決定する。

附 則

この規程は,公布の日から施行する。

附 則(平成20年8月28日議会告示第3号)

この規程は,平成20年9月1日から適用する。

改正文(平成24年12月27日議会告示第1号)

地方自治法の一部を改正する法律(平成24年法律第72号)附則第1条ただし書に規定する政令で定める日から適用する。

(適用日 平成25年3月1日)

宇都宮市議会図書室規程

平成18年12月1日 議会告示第3号

(平成25年3月1日施行)