○宇都宮市河内ふれあい市民農園条例

平成19年3月5日

条例第23号

(設置)

第1条 農作業体験を通し,自然に親しむ場を市民に提供することにより,農業への理解促進と市民の余暇活動の充実を図るとともに,多様な農村交流を促進するため,河内ふれあい市民農園(以下「農園」という。)を設置する。

(定義)

第2条 この条例において「農園」とは,余暇活動その他の営利以外の目的で継続して行われる野菜づくり等の用に供される区画農地及びクラブハウス等の附帯施設をいう。

(名称及び位置)

第3条 農園の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称 宇都宮市河内ふれあい市民農園

位置 宇都宮市中岡本町地内

(事業)

第4条 農園の事業は,次のとおりとする。

(1) 農作業の体験実習に関すること。

(2) 農村交流事業の開催に関すること。

(3) その他農園の目的を達成するため必要な事業

(使用許可)

第5条 農園を使用しようとする者は,市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,農園の管理上必要があると認められる場合には,前項の許可に条件を付することができる。

(区画農地の使用期間及び使用区画)

第6条 区画農地の使用期間は,4月1日から翌年3月末日までとする。ただし,当該使用期間は,1年を限度として延長することができる。

2 区画農地の使用区画は,1区画とする。ただし,市長が特別の理由があると認めたときは,この限りでない。

(使用の制限)

第7条 市長は,農園の使用が次の各号のいずれかに該当するときは,その使用を許可しない。

(1) 営利を目的とすると認められるとき。

(2) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(3) 農園の設備又は器具等をき損し,又は汚損するおそれがあるとき。

(4) 農園の管理上支障があると認めるとき。

(5) その他市長が適当でないと認めるとき。

(使用料)

第8条 農園の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は,使用料を納付しなければならない。ただし,農園のうち区画農地の使用許可を受けた者がクラブハウスの使用許可を受けて当該クラブハウスを使用するときの使用料は,無料とする。

2 前項の使用料の額は,別表のとおりとする。

3 使用料は,第5条第1項の許可を受ける際納付しなければならない。ただし,シャワーを使用するときは,その使用料を当該シャワーを使用する際に納付しなければならない。

4 市長は,特別の理由があると認めるときは,使用料の全部又は一部を免除することができる。

5 既納の使用料は,還付しない。ただし,市長が特別の理由があると認めたときは,その全部又は一部を還付することができる。

(許可の取消し等)

第9条 市長は,使用者が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは,農園の使用を制限し,又はその許可を取り消すことができる。この場合において,使用者が損害を受けることがあっても,市はその責めを負わない。

(1) この条例又はこの条例の施行規則に違反したとき。

(2) 第7条各号の規定に該当するとき。

(3) 第5条第2項の条件に違反したとき。

(4) 詐欺その他不正な行為により第5条第1項の許可を受けたとき。

(5) その他市長が管理上必要があると認めたとき。

(権利の譲渡等の禁止)

第10条 使用者は,使用の権利を譲渡し,又は転貸してはならない。

(委任)

第11条 この条例の施行について必要な事項は,市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成19年3月31日から施行する。

(河内町の編入に伴う経過措置)

2 河内町の編入の日前に,河内町農園の設置及び管理に関する条例(平成6年河内町条例第31号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この条例の相当規定によりなされた処分,手続その他の行為とみなす。

附 則(平成23年12月20日条例第35号)

この条例は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月24日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月26日条例第52号)

この条例は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(令和元年7月3日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は,令和元年10月1日から施行する。

附 則(令和2年12月23日条例第46号)

(施行期日)

1 この条例は,令和3年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

(平23条例35・平26条例2・平28条例52・令元条例2・令2条例46・一部改正)

区分

単位及び金額

区画農地

1区画

1年

15,700円,ただし,第6条第2項ただし書の規定による2区画目以降は,1区画1年につき7,850円

附帯施設

クラブハウス

和室

1時間

100円

多目的ホール

1時間

670円

シャワー

 

1回

100円

農機具

 

無料。ただし,農機具の使用は,第5条第1項の区画農地の使用許可を受けた者に限る。

備考

1 やむを得ない理由により許可を受けた使用時間を超えて使用するときの金額は,1時間(1時間未満は1時間とする。)につき当該施設に係る金額の1時間相当額とする。この場合において,当該使用料は,使用終了と同時に納付するものとする。

2 区画農地の使用期間が1年未満であるとき又はその期間に1年未満の端数があるときは月割りをもって計算し,当該期間が1月未満であるとき又はその期間に1月未満の端数があるときは1月として計算する。

3 クラブハウスの使用時間帯には,準備,後片付け等利用に必要な一切の時間を含むものとする。

宇都宮市河内ふれあい市民農園条例

平成19年3月5日 条例第23号

(令和3年4月1日施行)