○宇都宮市食品安全条例施行規則

平成20年3月25日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は,宇都宮市食品安全条例(平成20年条例第17号。以下「条例」という。)第14条の規定に基づき,条例の施行について,必要な事項を定めるものとする。

(平27規則23・一部改正)

(意見書の提出等)

第2条 条例第10条第1項に規定する勧告は,当該勧告をしようとする者に対し,次に掲げる事項を書面で通知することにより行うものとする。ただし,人の健康に悪影響を及ぼすおそれがある要因を速やかに除去する必要がある場合その他の緊急を要する場合は,この限りでない。

(1) 勧告しようとする内容

(2) 勧告の根拠となる条例の条項

(3) 勧告の原因となる事実

2 条例第11条第2項の規定により意見を述べ,証拠を提示する機会を与える場合におけるその方法は,市長が口頭ですることを認めた場合を除き,条例第10条第1項に規定する勧告に対する意見及び証拠を記載した書面(以下「意見書」という。)を提出して行うものとする。

3 前項の意見書の提出期限(口頭による意見陳述の機会を付与する場合には,出頭すべき日時)第1項に規定する通知に提出先(口頭による意見陳述の機会を付与する場合には,出頭すべき場所)と併せて記載するものとし,当該通知の日から当該提出期限までには,第1項ただし書に規定する場合を除き,相当な期間をおくものとする。

(令3規則9・旧第4条繰上・一部改正)

(様式)

第3条 前条第1項の規定による勧告書の様式は,別に定める。

(平27規則4・旧第16条繰上・一部改正,令3規則9・旧第5条繰上・一部改正)

(補則)

第4条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

(平27規則4・旧第17条繰上,令3規則9・旧第6条繰上)

附 則 抄

(施行期日)

1 この規則は,平成20年4月1日から施行する。ただし,第2条及び第3条の規定は,平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成23年12月20日規則第40号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月23日規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は,平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 食品衛生法第50条第2項の基準を定める条例及び宇都宮市食品安全条例の一部を改正する条例(平成27年条例第15号。以下「改正条例」という。)附則第2項の場合においては,第2条による改正前の宇都宮市食品安全条例施行規則(以下「旧規則」という。)第6条第2項,第8条,第9条,第10条,第11条及び別表の規定は,なおその効力を有する。この場合において,旧規則第6条第2項中「条例第14条第2項」とあるのは「食品衛生法第50条第2項の基準を定める条例及び宇都宮市食品安全条例の一部を改正する条例(平成27年条例第15号。以下「改正条例」という。)附則第2項の規定によりなおその効力を有するものとされた改正条例第3条による改正前の条例(以下「旧条例」という。)第14条第5項」と,旧規則第9条第1項中「条例第14条第11項」とあるのは「旧条例第14条第11項」と,「第5条第2項第1号の衛生管理マニュアル」とあるのは「自主衛生管理の方法等に係る書類」と,「第7条第1項第4号の危害原因物質」とあるのは「危害原因物質」と,同条第2項中「第5条第2項第2号」とあるのは「営業許可書,給食施設開始(再開)届出書若しくは特定給食施設開始(再開)届出書の写し」と,「第7条第1項第1号から第3号の書類」とあるのは「製品(食品に係るものに限る。)の説明に関する書類,製造若しくは加工の工程又は販売の方法に関する書類及び施設設備に関する書類」と,旧規則第11条中「条例第14条第6項」とあるのは「旧条例第14条第6項」とする。

附 則(平成27年7月1日規則第23号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(令和3年3月23日規則第9号)

この規則は,令和3年6月1日から施行する。

宇都宮市食品安全条例施行規則

平成20年3月25日 規則第8号

(令和3年6月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 保健衛生
沿革情報
平成20年3月25日 規則第8号
平成23年12月20日 規則第40号
平成27年3月23日 規則第4号
平成27年7月1日 規則第23号
令和3年3月23日 規則第9号