○宇都宮市特別用途地区建築制限緩和条例

平成27年3月23日

条例第21号

(趣旨)

第1条 この条例は,建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第49条第2項の規定に基づき,特別用途地区内における建築物の建築制限の緩和について,必要な事項を定めるものとする。

(適用地区)

第2条 この条例の規定は,都市計画法(昭和43年法律第100号)第8条第1項第2号に規定する特別用途地区として同法第20条第1項の規定により告示された栃木県総合運動公園スポーツ・レクリエーション地区に係る都市計画において定める土地の区域(以下「建築制限緩和地区」という。)について適用する。

(建築制限の緩和)

第3条 建築制限緩和地区においては,別表の左欄に掲げる建築物であって,市長が定める基準に適合するものを,同表の右欄に掲げる規定にかかわらず,建築することができる。

(委任)

第4条 この条例の施行に関し必要な事項は,市長が定める。

附 則

この条例は,栃木県総合運動公園スポーツ・レクリエーション地区に関する都市計画の決定に係る都市計画法第20条第1項の規定による告示の日から施行する。

別表(第3条関係)

建築制限緩和建築物

建築制限規定

1 観覧場(競技場その他の運動施設に付帯するものに限る。)

2 公園施設(都市公園法(昭和31年法律第79号)第2条第2項に規定するものをいう。)

法第48条第5項及び第7項

宇都宮市特別用途地区建築制限緩和条例

平成27年3月23日 条例第21号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第10類 設/第4章 建築・住宅
沿革情報
平成27年3月23日 条例第21号