○宇都宮市監査委員事務局の職員の人事評価の実施に関する規程

平成28年3月31日

監査委員告示第8―4号

(趣旨)

第1条 この規程は,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第23条の2第2項の規定に基づき,宇都宮市監査委員事務局の職員(同法第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員を除く。)の人事評価の実施について必要な事項を定めるものとする。

(令2監査委告示8―5・一部改正)

(人事評価の確定)

第2条 人事評価は,調整者による確認の後に,代表監査委員が審査した上でその内容を確定するものとする。この場合において,代表監査委員は,必要に応じて,調整者に再確認を行わせることができる。

2 代表監査委員は,前項の審査に当たっては,あらかじめ市長の意見を聴かなければならない。

(準用)

第3条 この規程に定めるもののほか,宇都宮市監査委員事務局の職員の人事評価の実施については,市長の事務部局の職員の人事評価の実施に関する規程(平成28年訓令第8号)の規定を準用する。この場合において,同規程第2条第2号中「市長の事務部局」とあるのは「宇都宮市監査委員事務局」と,「市長が」とあるのは「代表監査委員が」と,同規程第4条中「市長」とあるのは「代表監査委員」と,「副市長」とあるのは「事務局長」と,同規程第9条第1項中「前条第4項」を「宇都宮市監査委員事務局の職員の人事評価の実施に関する規程(平成28年監査委員告示第8―4号)第2条第1項」と,同規程第11条中「行政経営部人事課において保管する」とあるのは「市長に保管させる」と,同規程第15条中「人事課長」とあるのは「事務局長」と,「人事評価」とあるのは「市長が実施する人事評価」と,「実施する」とあるのは「受けさせる」と読み替えるものとする。

制定文 抄

平成28年4月1日から施行する。

改正文(令和2年3月31日監査委員告示第8―5号)

令和2年4月1日から適用する。

宇都宮市監査委員事務局の職員の人事評価の実施に関する規程

平成28年3月31日 監査委員告示第8号の4

(令和2年3月31日施行)

体系情報
第14類 行政委員会及び委員/第2章 監査委員
沿革情報
平成28年3月31日 監査委員告示第8号の4
令和2年3月31日 監査委員告示第8号の5