○宇都宮市議会事務局の標準的な職を定める規程

平成28年3月31日

議会告示第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第15条の2第2項の規定に基づき,宇都宮市議会事務局の標準的な職について必要な事項を定めるものとする。

(標準的な職)

第2条 宇都宮市議会事務局の標準的な職は,別表の左欄に掲げる職務の種類及び同表の中欄に掲げる職制上の段階に応じ,同表の右欄に掲げるとおりとする。

附 則

この訓令は,平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

職務の種類

職制上の段階

標準的な職

1 2の項に掲げる職務以外の職務

(1) 宇都宮市議会事務局職員の職名に関する規程(昭和38年議会告示第3号。以下「規程」という。)別表第1に規定する参事及びその相当職の属する職制上の段階

部長

(2) 規程別表第1に規定する副参事(数グループが担任する事務を掌理し,職員を指揮監督する職員の職務を除く。)及びその相当職の属する職制上の段階

次長

(3) 規程別表第1に規定する副参事(数グループが担任する事務を掌理し,職員を指揮監督する職員の職務に限る。)又は主幹及びこれらの相当職の属する職制上の段階

課長

(4) 規程別表第1に規定する副主幹(担任事務を処理し,所属職員の事務処理を直接指揮する職員の職務を除く。)及びその相当職の属する職制上の段階

課長補佐

(5) 規程別表第1に規定する副主幹(担任事務を処理し,所属職員の事務処理を直接指揮する職員の職務に限る。)又は主査及びこれらの相当職の属する職制上の段階

係長

(6) 規程別表第1に規定する副主査(担任事務を処理し,主幹,副主幹又は主査の職務を補佐する職員に限る。)及びその相当職の属する職制上の段階

総括又は専任

(7) 規程別表第1に規定する副主査(担任事務を処理し,主幹,副主幹又は主査の職務を補佐する職員を除く。)又は主任及びこれらの相当職の属する職制上の段階

副主査(総括及び専任を除く。)又は主任

(8) 規程別表第1に規定する主任書記又は書記及びこれらの相当職の属する職制上の段階

主任主事又は主事

2 地方公務員法第57条に規定する単純な労務

(1) 規程別表第1に規定する技能主任及びその相当職の属する職制上の段階

技能主任

(2) 規程別表第2に規定する主任技能技師及びその相当職の属する職制上の段階

主任技能技師

宇都宮市議会事務局の標準的な職を定める規程

平成28年3月31日 議会告示第5号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第2類 会/第2章 事務局
沿革情報
平成28年3月31日 議会告示第5号