○宇都宮市歯及び口腔の健康づくり推進条例

平成29年9月29日

条例第30号

(目的)

第1条 この条例は,歯及び口くうの健康が生涯にわたる健康の保持及び増進に欠くことのできないものであって,子どもの健やかな成長,生活習慣病の予防,健康長寿の実現等に資するものであることに鑑み,市民の歯及び口腔の健康づくりの推進に関し,基本理念を定め,市,市民及び歯科医師等の責務等を明らかにするとともに,歯及び口腔の健康づくりの推進に関する施策の基本となる事項を定めることにより,歯及び口腔の健康づくりの推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進し,もって市民の生涯にわたる健康の保持及び増進に寄与することを目的とする。

(基本理念)

第2条 歯及び口腔の健康づくりの推進は,次に掲げる事項を基本として行うものとする。

(1) 市民の生涯にわたる自主的な歯及び口腔の健康づくりの取組を促進すること。

(2) 市民が,その発達段階,年齢階層,心身の状況等に応じて,歯科医療,歯科健診,歯科保健指導その他の歯及び口腔の健康づくりに資するサービス(以下「歯科保健医療サービス」という。)の提供を受けることのできる環境の整備を推進すること。

(3) 保健,医療,社会福祉,労働衛生,教育その他の関連分野の取組との連携を図りつつ,その関係者の協力を得て,総合的に歯及び口腔の健康づくりを推進すること。

(市の責務)

第3条 市は,前条の基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり,歯及び口腔の健康づくりの推進に関する施策を総合的かつ計画的に策定し,及び実施するものとする。

(市民の責務)

第4条 市民は,基本理念にのっとり,自ら進んで,歯及び口腔の健康づくりに関する理解を深めるとともに,生涯にわたり歯及び口腔の健康づくりに積極的に取り組むよう努めるものとする。

(歯科医師等の責務)

第5条 歯科医師,歯科衛生士,歯科技工士その他歯科医療又は保健指導に係る業務に従事する者(以下「歯科医師等」という。)は,基本理念にのっとり,市が実施する歯及び口腔の健康づくりの推進に関する施策に協力するとともに,保健,医療,社会福祉,労働衛生及び教育に係る業務を行う関係機関及び民間団体並びに当該業務に従事する者(歯科医師等を除く。以下「医療関係者等」という。)との緊密な連携を図りつつ,良質かつ適切な歯科保健医療サービスを提供するよう努めるものとする。

(医療関係者等の役割)

第6条 医療関係者等は,基本理念にのっとり,それぞれの業務において,市が実施する歯及び口腔の健康づくりの推進に関する施策に協力するとともに,歯科医師等との連携を図りつつ,市民の歯及び口腔の健康づくりの取組の支援に努めるものとする。

(事業者の役割)

第7条 事業者(労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第2条第3号に規定する事業者をいう。)は,基本理念にのっとり,当該事業所において雇用する従業員の歯及び口腔の健康づくりの取組の推進に努めるものとする。

(基本的施策の実施)

第8条 市は,市民の歯及び口腔の健康づくりを推進するため,次に掲げる事項を基本とする施策を実施するものとする。

(1) 市民の生涯にわたる歯科疾患の予防並びに口腔機能の維持及び向上に関すること。

(2) 障害のある者,介護を必要とする者等に対する適切な歯及び口腔の健康づくりの推進に関すること。

(3) 歯及び口腔の健康づくりに関する情報の提供及び知識等の普及啓発に関すること。

(4) 歯及び口腔の健康づくりの推進に係る関係者相互の連携協力体制の強化に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか,市民の歯及び口腔の健康づくりの推進に関すること。

(基本計画)

第9条 市長は,市民の生涯にわたる歯及び口腔の健康づくりの推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため,歯及び口腔の健康づくりの推進に関する基本的な計画を策定するものとする。

附 則

この条例は,平成29年11月8日から施行する。

宇都宮市歯及び口腔の健康づくり推進条例

平成29年9月29日 条例第30号

(平成29年11月8日施行)