○南箕輪村準用河川管理条例

平成25年3月15日

条例第12号

(趣旨)

第1条 この条例は、準用河川(以下「河川」という。)に係る施設等の構造及び管理等及びその他の行為に関し、河川法(昭和39年法律第167号。以下「法」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において河川とは、法第100条第1項の規定により村長が指定したものをいう。

2 前項の河川には、護岸、堤防、えん堤、樋門、伏せ越し等河川に付属して公共の用に供させる工作物を含むものとする。

(行為の禁止)

第3条 何人も、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 河川を損傷すること。

(2) 河川にごみ、汚物、廃物その他これらに類するものを投棄し、又はこれらのものを河川に流入するおそれのある場所に放置すること。

(3) 工場及び事業所の汚水又は廃液をみだりに河川に排出すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、河川の保全に支障をきたす行為をすること。

(行為の制限)

第4条 河川において次の各号に掲げる行為をする場合は、規則で定めるところにより村長の許可を受けなければならない。

(1) 河川の土石及び砂れきを堆積すること並びにこれに類する行為

(2) 河川のしゅんせつ、掘削等の工事及びその他これに類する行為

(3) 河川の敷地若しくはその上下において工作物を新築、改築し、又は除却すること。

(4) 河川の水流、水面又は河川の敷地を占用すること。

(5) 河川の流水を停滞し、又は引用すること。

(6) 河川の土石、砂れき、竹木その他生産物を採取すること。

(7) 河川管理者以外の者が河川工事又は河川維持に係る行為をすること。ただし、草刈り、軽微な障害物の処分その他これらに類する小規模な維持管理については、この限りでない。

(8) 前各号に掲げるもののほか、河川に著しく影響を及ぼすおそれがある行為をすること。

(河川管理施設等の構造の技術基準)

第5条 法第3条第2項の河川管理施設又は前条の許可を受けて設置される工作物(以下「河川管理施設等」という。)は、次の各号に掲げる基準に適合したものでなければならない。

(1) 計画高水位以下の水位の流水の作用に対して安全で、かつ、その付近の河岸及び河川管理施設等に著しい支障を及ぼさない構造であること。

(2) 樋門、伏せ越し、河川区域内に設ける橋台及び橋脚その他計画横断形に影響を及ぼすおそれのある場合には、計画高水位以下の水位の洪水の流下を妨げず、かつ、これらに接続する河床及び河岸の洗掘の防止について適切に配慮された構造であること。

2 河川管理施設等の構造について河川管理上必要とされる技術的基準は、法第13条第1項及び前項の規定に適合するように規則で定める。

(許可の期限)

第6条 第4条の許可の期限は5年以内とする。ただし、特別な事由がある場合においては10年以内とすることができる。

(許可事項の変更)

第7条 第4条の規定より許可を受けた者(以下「占用者等」という。)が行為の内容変更及び行為の廃止をする場合は、規則で定めるところにより村長の許可を受けなければならない。

(料金の納付)

第8条 占用者等は、別表に掲げる料金を納付しなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する者については、免除する。

(1) 国又は地方公共団体が公用又は公用の用に供するとき。

(2) 河川を保全するために占用するとき。

(3) 村長が必要と認めたとき。

(料金の還付)

第9条 既に徴収した料金は、還付しない。ただし、第13条の規定による処分があったとき、その他村長が相当な事由があると認めたときに限り、申請によって料金の全部又は一部を還付することができる。

(許可に基づく地位の継承)

第10条 相続人、合併により設立される法人、その他占用者等の一般継承人は、被継承人が有していたその許可等に基づく地位を継承する。

2 占用者等からその許可に係る工作物、土地若しくは竹木又は当該許可に係る工作物の新築若しくは竹木の植栽等をすべき土地(以下この項において「許可に係る工作物等」という。)を譲り受けた者は、当該許可に基づく地位を継承する。当該許可を受けた者から賃貸借その他により当該許可に係る工作物等を使用する権利を取得した者についても、当該工作物等の使用に関しては同様とする。

3 前2項の規定により地位を継承した者は、その継承日から30日以内に村長に届け出なければならない。

(権利の譲渡)

第11条 第4条の許可等に基づく権利は、村長の許可を受けなければ譲渡することができない。

2 前項に規定する許可に基づく権利を譲り受けた者は、譲渡人が有していたその許可に基づく地位を継承する。

(原状回復等)

第12条 占用者等は、許可に係る行為を終了し、又は廃止したときは、村長に行為廃止の届出をしなければならない。

2 前項の届出があった場合、村長は、管理上必要と認めるときは、当該許可に係る工作物等を除却し、河川を原状に回復し、その他必要な措置をとることを命ずることができる。

(監督処分)

第13条 村長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、この条例に基づく許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又は既に設置した工作物を改築若しくは除却させ、若しくは河川を現状に回復することを命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく許可の条件に違反している者

(2) 詐欺その他不正な手段により許可を受けた者

2 村長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、この条例に基づく許可を受けた者に対し前項に規定する処分をすることができる。

(1) 他の法令の規定による行政庁の認可若しくは許可その他の処分を受けることができなかったとき、又はこれらの処分が取り消され、若しくは効力を失ったとき。

(2) 村において、当該河川に係る工事を施行し、又は使用する必要があるとき。

(3) その他公益上必要と認めたとき。

3 前2項又は前条第2項により原状回復を命ぜられた者がその義務を履行しないときは、村長は、行政代執行法(昭和23年法律第43号)の定めるところに従い、自ら義務者のなすべき行為をし、又は第三者をしてこれをさせることができる。

(許可に係る損失の補償)

第14条 第4条の許可により損失を受ける者があるときは、当該占用者等(第4条第7号ただし書きを含む)がその損失を補償しなければならない。

(許可の条件)

第15条 村長は、この条例又はこの条例に基づく規則の規定による許可又は承認に河川の管理について必要な条件を付することができる。

(補則)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

1 流水占用料

鉱工業用に係る流水占用料

種別

単位

料金(円)

鉱工業用

1年毎秒1リットル(1リットル未満の端数があるときは、1リットルに切り上げる。)

2,600

2 土地占用料

種別

単位

料金(円)

(さん橋を含む)及び住宅等の出入りに使用する土地

1年

1平方メートル(1平方メートル未満の端数があるときは、1平方メートルに切り上げる。)

80

電柱(支柱を含む)

1年

1本

850

鉄塔

1年

1平方メートル(1平方メートル未満の端数があるときは、1平方メートルに切り上げる。)

630

広告板

1年

板面積〃 ( 〃 )

1,120

横過物

1年

1メートル(1メートル未満の端数があるときは、1メートルに切り上げる。)

80

諸管埋設物

口径8センチメートル未満のもの

1年

80

口径8センチメートル以上のもの

1年

110

その他の土地

1年

60

耕作のための土地の占用料は、農業委員会が目安とする賃貸借料等を参酌して決定する。

3 土石採取料

種別

単位

料金(円)

砂利又は砂

1立方メートル(1立方メートル未満の端数があるときは、1立方メートルに切り上げる。)

170

切込み

135

土砂

130

れき、栗石、玉石類

170

転石(庭石を除く。)

控30センチメートル以上50センチメートル未満のもの

1個

60

控50センチメートル以上60センチメートル未満のもの

70

控60センチメートル以上のもの

1立方メートル(1立方メートル未満の端数があるときは、1立方メートルに切り上げる。)

3,400

庭石

時価に基づき評価した額

4 その他の産出物採取料

種別

単位

料金(円)

竹木


時価に基づき評価した額

あし、かや

60センチメートル、なわしめ1束(60センチメートル、なわしめ1束未満の端数があるときは、1束に切り上げる。)

40

南箕輪村準用河川管理条例

平成25年3月15日 条例第12号

(平成25年4月1日施行)