○小谷村デマンドタクシー運行に関する条例施行規則

平成25年3月25日

規則第14号

小谷村デマンドタクシー運行に関する条例施行規則

(趣旨)

第1条 この規則は、小谷村デマンドタクシー運行に関する条例(平成25年小谷村条例第3号)(以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利用対象者)

第2条 デマンドタクシーを利用することができる者は、本村に住所を有する者とし、介助を必要とせず利用者自身で乗降ができる者とする。

2 前項でいう本村に住所を有する者とは、住民基本台帳法(昭和42年法律第81条)の規定により本村の住民票に記載され、本村に登録されている者をいう。

(運行経路)

第3条 デマンドタクシーの運行経路は、村長が別に定める経路とする。

(運行時間等)

第4条 デマンドタクシーの運行時間は、午前8時15分から午後4時30分までとし、運行時刻は、村長が別に定めるものとする。ただし、村長が必要と認めるときは、運行時間及び運行時刻を変更することができる。

(運休日)

第5条 デマンドタクシーの運休日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月4日まで

(4) 8月13日から8月16日まで

(利用手続等)

第6条 デマンドタクシーを利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ小谷村デマンドタクシー利用登録票(様式第1号)を村長に届出なければならない。また、登録された内容を変更するときも、同様とする。

2 村長は前項の届出があったときは、小谷村デマンドタクシー利用登録票を交付する。

3 利用者は、利用しようとする日の7日前から利用しようとする日の前日までに、希望する乗降場所等必要事項を村長が指定する運行事業者へ申し込まなければならない。また、予約申込時間は村長が別に定めるものとする。

(利用料金ならび減免等)

第7条 利用者は1乗車につき、条例第4条で規定する利用料金を支払うか回数券(様式第2号)と引き替えに利用できる。

2 次に該当する場合は、利用料金の減額若しくは減免ができるものとする。ただし、減額の額は村長が別に定めるものとする。

(1) 18歳未満の者

(2) 生活保護法(昭和25年法律第144号)に基づく被保護者世帯

(3) 身体障害者福祉法(昭和24年法律283号)に基づき身体障害者手帳の交付を受けている者

(4) 療育手帳制度要綱(昭和48年9月27日厚生省発児156号)の規定に基づき、療育手帳の交付を受けている者

(5) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定に基づき、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者

(6) 介護保険法(平成9年法律第123号)に規定する要介護認定者及び要支援認定者

(7) 上記の(1)から(6)に揚げる者に付き添う者

(8) 村長が特に認めた者

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(平成30年3月30日規則第8号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

小谷村デマンドタクシー運行に関する条例施行規則

平成25年3月25日 規則第14号

(平成30年4月1日施行)