○小谷村文化財保護委員会の組織及び運営に関する規則

昭和45年4月10日

教育委員会規則第3号

小谷村文化財保護委員会の組織及び運営に関する規則

(趣旨)

第1条 この規則は、小谷村文化財保護条例(昭和45年小谷村条例第14号)第5条の規定に基づき小谷村文化財保護委員会(以下「保護委員会」という。)の組織及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(任務)

第2条 保護委員会は、村内に所在する有形無形の文化財を調査し、重要なものの保存方法及びその活用について小谷村教育委員会(以下「教育委員会」という。)の諮問に応じ、必要と認める事項について教育委員会に意見を述べることができる。

(会議)

第3条 保護委員会の会議は、会長が招集する。

(1) 会長は、会務を総理し、会議の議長となる。

(2) 副会長は、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(3) 会議は、委員の半数以上の出席がなければ開くことができない。

第4条 保護委員会は、必要に応じ委員以外の知識経験又は利害関係を有する者の出席を求め、意見を聴くことができる。

(補則)

第5条 この規則に定めるもののほか、保護委員会の運営について必要な事項は、保護委員会及び教育委員会が協議して定める。

附 則

この規則は、昭和45年4月1日から施行する。

小谷村文化財保護委員会の組織及び運営に関する規則

昭和45年4月10日 教育委員会規則第3号

(昭和45年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和45年4月10日 教育委員会規則第3号