○小谷村道路占用料徴収条例

昭和34年3月27日

条例第7号

小谷村道路占用料徴収条例

(目的)

第1条 この条例は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)第39条第2項の規定に基づく占用料の額及びその徴収方法について定めることを目的とする。

(占用料の額)

第2条 占用料の額は、別表のとおりとする。ただし、1件の占用料の額が100円に満たないときは100円とする。

(占用料の減免等)

第3条 村長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、占用料を減免することができる。

(1) 法第35条に規定する事業(道路法施行令(昭和27年政令第479号)第18条に規定する事業を除く。)及び地方財政法(昭和23年法律第109号)第6条に規定する公営企業に係るもの

(2) 鉄板板類を常置して出入する通路又はこれに類する軽易な通路を設けるため必要な側こう、路肩又はのり敷を占用するとき。ただし、通路の幅(道路に沿う長さ)3メートル以上のものを除く。

(3) 現に家屋の敷地である宅地から出入する通路の設置のためにのり敷を占用するとき。ただし、通路の幅(道路に沿う長さ)3メートル以上のものを除く。

(4) 祭典、縁日その他恒例による行事等のため臨時に占用するとき。

(5) 架空電線路及びこれに類する軽易な施設で路面の上空を占用するとき。

(6) 水道管の各戸引込管埋設のため占用するとき。

(7) その他村長が公共のため特に必要があると認めたとき。

(占用料の徴収方法)

第4条 占用料は、占用を許可したときに当該年度分を徴収する。

2 占用者は、占用開始前に占用料を村に納付しなければならない。

3 占用期間が2年以上にわたる場合は、第1項に規定するもののほか、次年度からは当該年度分をその年度の始めに徴収する。

(占用料の還付)

第5条 既に徴収した占用料は、還付しない。ただし、村長が占用期間内に法第71条第2項の規定により占用の許可を取り消し、若しくはその条件を変更し、又は占用者が天災その他特別の事情により道路を占用することができなくなったときは、その一部又は全部を還付することができる。この場合において、年額又は月額による占用料にあっては、月割又は日割によって計算した額を還付するものとする。

(委任)

第6条 この条例の施行について必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和44年3月17日条例第5号)

この条例は、昭和44年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年3月22日条例第15号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年3月20日条例第8号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成2年3月20日条例第9号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

占用物件

単位

占用料

(円)

法第32条第1項第1号に掲げる工作物

電柱

1本につき1年

850

電話柱(電柱であるものを除く。)

310

街灯(電柱又は電話柱であるものを除く。)

260

その他の柱類

560

変圧塔その他これに類するもの及び公衆電話所

1個につき1年

790

郵便差出箱

310

広告塔

表示面積1平方メートルにつき1年

1,120

送電塔

占用面積1平方メートルにつき1年

630

その他のもの

長さ1メートルにつき1年

65

占用面積1平方メートルにつき1年

790

法第32条第1項第2号に掲げる物件

法第35条に規定する事業のために設けるもの及び法第36条に規定するもの

外径が0.2メートル未満のもの

長さ1メートルにつき1年

65

外径が0.2メートル以上0.4メートル未満のもの

120

外径が0.2メートル以上0.4メートル未満のもの

310

外径が1メートル以上のもの

630

その他のもの

外径が0.2メートル未満のもの

80

外径が0.2メートル以上0.4メートル未満のもの

150

外径が0.4メートル以上1メートル未満のもの

390

外径が1メートル以上のもの

790

法第32条第1項第3号に掲げる施設

占用面積1平方メートルにつき1年

630

法第32条第1項第4号に掲げる施設

公共用歩廊

40

日よけ及び雨よけ

15

その他のもの

790

法第32条第1項第5号に掲げる施設

地下街及び地下室

階数が1のもの

占用面積1平方メートルにつき1年

A×10/1000

階数が2のもの

A×16/1000

階数が3以上のもの

A×20/1000

上空又は地下に設ける通路

560

その他のもの

790

法第32条第1項第6号に掲げる施設

祭礼、縁日等に関し、一時的に設けるもの

占用面積1平方メートルにつき1日

10

その他のもの

占用面積1平方メートルにつき1月

110

令第7条第1号に掲げる物件

看板(アーチであるものを除く。)

一時的に設けるもの

占用面積1平方メートルにつき1月

110

その他のもの

占用面積1平方メートルにつき1月

1,120

標識

1本につき1年

630

旗ざお

祭礼、縁日等に際し一時的に設けるもの

1本につき1日

10

その他のもの

1本につき1月

110

パーキングメーター

1本につき1年

190

(令第7条第2号に掲げる工事用施設であるものを除く。)

祭礼、縁日等に際し一時的に設けるもの

その面積1平方メートルにつき1日

10

その他のもの

その面積1平方メートルにつき1月

110

アーチ

車道を横断するもの

1基につき1月

1,120

その他のもの

560

令第7条第2号に掲げる工事用施設及び同条第3号に掲げる工事用材料

占用面積1平方メートルにつき1月

110

(備考)

1 「所在地」とは、占用物件の所在地をいう。ただし、各年度の初日後に占用物件の所在地の区分に変更のあった場合は、当該年度の初日における区分によるものとする。

2 「表示面積」とは、広告塔又は看板の表示部分の面積をいう。

3 「法第32条第1項第1号に掲げる工作物」の「その他のもの」のうち、「長さ1メートルにつき1年」の項に定める占用料の額は、線類について「占用面積1平方メートルにつき1年」の項に定める占用料の額は、線類以外のものについて適用するものとする。

4 「A」は、近傍類似の土地の時価を表すものとする。

5 表示面積、占用面積若しくは占用物件の面積又は占用物件の長さが1平方メートル又は、1メートル未満であるときは、それぞれ1平方メートル又は1メートルとし、その面積又は長さに1平方メートル又は1メートル未満の端数のあるときは、それぞれ切り上げるものとする。

6 占用料の額が年額で定められている占用物件に係る占用の期間が1年未満であるとき、又はその期間に1年未満の端数のあるときはそれぞれ月割によるものとする。この場合において、占用の期間が1月未満であるときは1月とし、その期間に1月未満の端数のあるときは切り上げるものとする。

7 占用料の額が月額で定められている占用物件に係る占用の期間が1月未満であるときは1月とし、その期間に1月未満の端数があるときは切り上げるものとする。

小谷村道路占用料徴収条例

昭和34年3月27日 条例第7号

(平成2年4月1日施行)

体系情報
第10類 設/第1章
沿革情報
昭和34年3月27日 条例第7号
昭和44年3月17日 条例第5号
昭和55年3月22日 条例第15号
昭和61年3月20日 条例第8号
平成2年3月20日 条例第9号