○へき地道路雪踏事業補助金交付要綱

昭和44年12月8日

告示第26号

へき地道路雪踏事業補助金交付要綱

(趣旨)

第1 この要綱は、へき地における部落等の共同体(以下「補助事業者」という。)が行う積雪期の公共用道路の雪踏事業に対し、補助事業者の負担の軽減と道路交通確保を図るため予算の範囲内で補助金を交付することについて、小谷村補助金等交付規則(昭和36年小谷村規則第16号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助事業の範囲及び補助額)

第2 第1に規定する補助金交付の対象となる事業の範囲及び補助額は、別表に掲げるとおりとする。

(交付の条件等)

第3 次に掲げる事項は、補助金交付の条件とする。

(1) 補助事業者は、補助事業の実施の責に任ずる代表者を選任し、村長に選任届(様式第1号)を提出しなければならない。

(2) 補助事業の内容を変更し、若しくは中止し、又は廃止しようとするときは、速やかに村長に申請書(様式第2号)を提出し、その承認を受けなければならない。

(3) 補助事業の実施に関し、特に必要と認めて村長が指示する事項に従わなければならない。

(申請書の様式及び提出期限)

第4 規則第3条に規定する申請書は、へき地道路雪踏事業補助金交付申請書(様式第3号)により、毎年度12月末日までに提出するものとする。

2 規則第12条に規定する実績報告書は、へき地道路雪踏事業実績報告書(様式第4号)により、毎年度3月31日までに提出するものとする。

(補助金の請求等)

第5 補助事業者が、補助事業の完了後補助金の交付を請求しようとするときは、へき地道路雪踏事業補助金請求書(様式第5号)を村長に提出するものとする。

附 則

この告示は、昭和44年12月8日から施行する。

附 則(昭和54年2月8日告示第7号)

(施行期日等)

1 この告示は、告示の日から施行し、昭和53年度事業から適用する。

(村(林)道除雪事業補助金交付要綱の廃止)

2 (林)道除雪事業補助金交付要綱(昭和46年小谷村告示第6号)は、廃止する。

附 則(昭和62年1月5日告示第1号)

この告示は、告示の日から施行し、昭和61年度事業から適用する。

附 則(平成2年12月21日告示第24号)

この告示は、告示の日から施行し、平成2年度事業から適用する。

附 則(平成26年12月26日告示第50号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別表(第2関係)

種類及び経費

路線名

区間

道路雪踏事業に要する経費

大むね線

清水山~岩塚

大半坂線

清水山~蟹沢

和平線

燕岩~和平

林頭線

栂池南~林頭

画像

画像

画像

画像

画像

へき地道路雪踏事業補助金交付要綱

昭和44年12月8日 告示第26号

(平成26年12月26日施行)

体系情報
第10類 設/第1章
沿革情報
昭和44年12月8日 告示第26号
昭和54年2月8日 告示第7号
昭和62年1月5日 告示第1号
平成2年12月21日 告示第24号
平成26年12月26日 告示第50号