○小谷村非常勤消防団員の報酬及び費用弁償に関する規則

昭和37年4月6日

規則第4号

小谷村非常勤消防団員の報酬及び費用弁償に関する規則

(目的)

第1条 この規則は、小谷村非常勤消防団員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和37年小谷村条例第11号。以下「条例」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(報酬の支給方法)

第2条 小谷村非常勤消防団員(以下「団員」という。)の報酬は、毎年3月当該年度分を支給する。

第3条 年度の中途において、新たに団員となった者、退職した者又は死亡した者に対する当該年度の報酬の額は、条例第1条の額の12分の1に当該年度内の在職月数を乗じて得た額とする。

第4条 年度の中途において階級に異動が生じた者の当該年度の報酬の額は、条例別表の区分に定める異動前、異動後の階級に応じた報酬の額の12分の1にそれぞれ当該階級の在職月数を乗じて得た額の合算額とする。この場合において、異動のあった日の属する月は、異動後の月数に算入するものとする。

(費用弁償の支給方法)

第5条 条例第2条及び第3条に規定する費用弁償は、団員の所属する分団詰所を起算点として支給する。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和37年4月1日から施行する。

(非常勤の消防団員に対する手当及び旅費に関する規則の廃止)

2 非常勤の消防団員に対する手当及び旅費に関する規則(昭和34年小谷村規則第2号)は、廃止する。

小谷村非常勤消防団員の報酬及び費用弁償に関する規則

昭和37年4月6日 規則第4号

(昭和37年4月1日施行)