○弥彦村表彰条例

昭和43年6月25日

条例第25号

弥彦村表彰条例

(目的)

第1条 この条例は本村の自治振興、公益等に特に功労のあった者若しくは本村の行政に積極的に協力したものを表彰するため必要な事項を定めることを目的とする。

(表彰の対象)

第2条 表彰は次の各号に該当するもののうちから村長が適当と認めるものについてこれを行う。

(1) 本村自治の振興並びに公益の伸展につくしその功労特に顕著である者又は団体

(2) 村議会の議員にしてその職にあること10年以上の者

(3) 村長、副村長の職にあること10年以上の者

(4) 各種委員会委員にしてその職にあること10年以上の者

(5) 村民の模範となるべき篤行者又は団体

(6) 品評会、展覧会、競技会等においてその成績優秀な者又は団体

(被表彰者の審議)

第3条 被表彰者の選考並びに第8条第2号及び第3号に関する事項を審議するため弥彦村表彰委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の委員は6名とし次の各号に定めるもののうちから、村長が委嘱する。

(1) 副村長、教育長 2名

(2) 村議会議員 3名

(3) 村職員 1名

3 委員会には委員長を置く。委員長は委員の互選によるものとし会務を統轄する。委員長事故あるときは委員長があらかじめ指定する委員がその職を代理する。

4 委員の任期は3年とし、重任を妨げない。欠員を補充した委員の任期は前任者の残任期間とする。

5 第2項第2号の委員の任期は前項の規定にかかわらず議員の任期を超えることができないものとする。

(表彰の方法)

第4条 表彰は有功表彰、篤行表彰及び特別表彰とする。

2 有功表彰は第2条第1号から第4号までに該当するものに対して行い、篤行表彰は同条第5号に該当するものに対して行い、特別表彰は同条第6号に該当するものに対して行うものとする。

3 表彰には表彰状並びに記念品又は記念品料を授与する。

(再度の表彰)

第5条 表彰された者又は団体であってその功績更に顕著である場合には再度以上表彰することができる。

2 再度以上の表彰は表彰状及び記念品又は記念品料を授与してこれを行う。

第6条 削除

(被表彰者死亡の場合)

第7条 表彰されるべき者が表彰の日以前に死亡したときは本人に授与すべき表彰状等は遺族に贈与する。

(表彰の取消)

第8条 表彰された者又は団体で次の行為のあったときは、村長はその表彰を取消し表彰状を返還させることができる。

(1) 懲役又は禁固以上の刑に処せられた場合

(2) 被表彰者又は団体としての体面を汚す等の行為があった場合

(3) その他表彰の取消を必要と認めた場合

(表彰又は表彰取消の公表)

第9条 表彰を行ったとき又は表彰を取消したときは表彰を受け又は表彰を取消したものの氏名又は団体名及びその功績又は取消の理由を村公報に登載する等の方法により公表するものとする。

(表彰期日)

第10条 表彰期日は、村長が別に定める。

(補則)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は村長が別にこれを定める。

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和46年3月24日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和46年4月1日より適用する。

(昭和56年10月31日条例第30号)

この条例は、昭和56年11月1日から施行する。

(昭和59年12月24日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成3年3月25日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成7年9月27日条例第26号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成19年3月19日条例第18号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(平成30年12月17日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

弥彦村表彰条例

昭和43年6月25日 条例第25号

(平成30年12月17日施行)

体系情報
第1類 規/第3章
沿革情報
昭和43年6月25日 条例第25号
昭和46年3月24日 条例第12号
昭和56年10月31日 条例第30号
昭和59年12月24日 条例第24号
平成3年3月25日 条例第12号
平成7年9月27日 条例第26号
平成19年3月19日 条例第18号
平成30年12月17日 条例第23号