○弥彦村立保育園運営規則

昭和56年5月1日

規則第3号

弥彦村立保育園運営規則

第1章 総則

(目的)

第1条 この規則は、弥彦村保育園条例(昭和62年条例第9号)の施行に関し保育園の運営について必要な事項を定めることを目的とする。

(保育園の定員)

第2条 保育園の定員は、児童福祉施設最低基準(昭和23年厚生省令第63号)の定めるところにより県より認可された数でありその定員は、次のとおりとする。

保育園名

定員

弥彦保育園

120名

二松保育園

120名

ひかり保育園

80名

(入園の手続)

第3条 保育園に児童を入園させようとするときは、保護者は保育園入園申込書、保育台帳(第1号様式)を村長に提出しなければならない。

(入園児童の承諾)

第4条 保育園への入園児童の決定は、前条各項による要実施児童の実情を検討し、概ね3月15日までに、その可否を保育園入園承諾書(第2号様式)により保護者に通知する。

2 承諾に当たっては、児童委員などの意見を聞くことができる。

(退園の手続)

第5条 入園している児童を退園させようとするときは、保護者は保育園児童退園願届出書(第3号様式)を提出しなければならない。

2 入園している児童が、条例第3条各号に規定する入園資格に該当しなくなったとき又は保育上支障があると判断したときは、保育園を退園させることができる。

3 村長は申請があった場合は、保育園入園不承諾通知書(第4号様式)又は保育実施解除通知書(第5号様式)により保護者に通知する。

(保育料)

第6条 保育料は、保育園に入園している児童について、その保護者から徴収する。

2 保育料の納期は、毎月月末までとする。

(保育時間及び休日)

第7条 保育園の保育時間及び休日を次のとおり定める。ただし、村長が必要と認めるときは、臨時に保育時間を伸縮し、又は休日を変更し、若しくは設けることができる。

(1) 保育時間 平日 午前8時30分から午後4時30分

土曜日 午前8時30分から午後12時30分

(2) 休日 日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び年末年始(12月30日から翌年1月3日まで)

(日課)

第8条 保育園の日課は、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(昭和23年厚生省令第63号)第35条に定める保育内容により計画、実施する。

開園、視診、個別指導、自由遊び、間食、給食、音楽リズム、童話、観察、反省、注意、閉園。

(年間行事)

第9条 保育園の年間行事は、概ね次のとおりとする。

(1) 定期健康診断(年2回)

(2) 非常時の避難訓練(毎月)

(3) お誕生会(毎月)

(4) 春秋の社会視察(遠足)

(5) 保護者の保育参観

(6) 身体測定(毎月)

(7) 児童生活発表会

2 その他地域社会に結びつく各種行事について適宜実施する。

(職員)

第10条 保育園には園長の他、次の職員を置くことができる。

(1) 副園長

(2) 主任保育士

(3) 保育士

(4) その他の職員

(園長)

第11条 園長は、村長の命をうけて日課及び年間行事並びの保育内容の計画実施その他庶務を掌握し、職員を指導監督する。

2 園長に事故があるときは、副園長がその職務を代行する。

(職員の服務)

第12条 職員は、常に保育の向上を期し、次の事項の完遂に努めなければならない。

(1) 児童の安全確保

(2) 児童の健全な保護育成

第13条 職員の勤務等に関しては、弥彦村役場職員に係る各種規程を準用する。ただし、特殊なことについてはこの限りでない。

(保護者との連絡及び協力)

第14条 職員は、保育園の諸問題について必要があるときは、保護者との連絡を密にし、児童の保育に協力を求めるとともに保護者からの要望進言等についてでき得る限り協力に努めることと、必要ある事項については、村長に報告すること。

第15条 保育の向上に資するため、適時に保護者の保育参観を計画実施するとともに、平素連絡の取れない保護者との懇談に努めること。

第16条 保護者の家庭訪問は次により実施する。

(1) 新入園児童のあるとき。

(2) 中途入園児童のあるとき。

(3) 1週間以上の病欠児童のあるとき。

(4) その他必要のあるとき。

(目的外の使用禁止)

第17条 施設使用については、目的外の使用は原則として許可しない。ただし、やむを得ない使用願いのあった場合には村長に提出し、許可を得るものとする。

第2章 保育の実施

(保育研究)

第18条 保育研究及び保育計画打合せのため毎月定例及び臨時に職員会議を開催する。

(1) 定例会 毎月下旬

(2) 臨時会 必要ある場合その都度

 月間保育計画と組別週間保育の打合せ

 献立表の計画打合せ

 その他保育改善の事項

(児童保護)

第19条 児童の健康調査は、年2回実施し、身長体重と共に身体調査表に記録するものとする。

第20条 職員登園の際は、必ず手洗い及びうがいを実行すると共に児童に実施指導すること。

(教材の準備)

第21条 保育用具、教材等購入については、弥彦村財務規則(昭和59年規則第7号)によること。

第3章 安全管理

(安全の確保)

第22条 職員は、児童の安全を期するため次により安全指導するものとする。

(1) 登園、帰宅時に交通規則を守らせること。

(2) 山や川には、1人で行かないこと。

(3) 保育時間中は、勝手に園外に出さないこと。

(4) 農薬散布時には、危険区域に入らないこと。

第23条 職員は、園内の安全を計るために次の事項を行うこと。

(1) 職員便所に児童を入れないこと。また児童が入らないように措置すること。

(2) 調理室に児童を入れないこと。

(3) 児童にお湯等危険なものを運搬させないこと。

(4) 非常時には、保護者に連絡等安全退園を計ること。

(5) 屋内外の危険物の除去に努めること。

第24条 設備、遊具器具、園内の安全確保は、次の分担による。

(1) 施設及び園内 園長

(2) 遊具及び器具 保育士

(3) 調理用備品及び器具 調理員

(職員の看視)

第25条 職員は、児童の自由遊びの時間中は、分散して看視に当たらなければならない。

第26条 職員は、児童一斉退園には、その施設の敷地を出るまでは特に安全を期すると共に、そのあとは保護者に責任をもって送迎願うよう努めなければならない。

(災害防止)

第27条 職員は、災害発生に際し、児童の安全と施設の防護に努めなければならない。

第28条 災害発生に際しての防災及び避難に関する職員の分担及び避難場所、方法については、各施設の位置、状況により図解作成明示しておくこと。

(防火)

第29条 防火責任者は、園長とする。ただし、責任者不在の場合は次位者(先任者)とする。

第30条 休日及び夜間の防火責任者は、課長とする。

第31条 園内又は附近より火災発生の場合は、直ちに村長に連絡すると共に、児童の安全を図り消火及び防火に努めること。

第32条 調理室の油や石油ストーブ等の発火には、消火器を火元に放ち火勢を衰えさせて布団又は毛布等をかぶせ鎮火を計ると共に消防団員の来園を待ち指示に従うこと。

第33条 避難及び防火訓練は毎月1回以上行うものとする。

第34条 前条により実施した時は、反省会を持ちその向上を計ること。

第4章 衛生管理

(掃除)

第35条 職員は、園内の清掃、消毒防そ、防はえを実施して、集団衛生保持に努めるものとする。

第36条 園内外の清掃は、各自の分担により毎日行うものとし、適時全員で大掃除を励行するものとする。

(消毒)

第37条 玄関及び便所出口に、消毒液を備えつけるものとする。職員は、児童に対し登園及び便所より出た時、手洗い前に手指の消毒を指導すること。

(職員の検便)

第38条 給食に従事する職員は、毎月保健所の検便を受けなければならない。その他の職員は、2ケ月に1回検便を受けるものとする。

(食器の消毒)

第39条 給食用食器類は、洗浄後熱湯消毒するものとする。

(寄生虫予防)

第40条 野菜類の洗浄は、薬品を用い入念になし、寄生虫予防に努めるものとする。

(防そ)

第41条 職員は、防そ施設を要する箇所を発見した時は、早急に防そ措置を講ずるものとする。

第42条 職員は、くず箱にねずみの食物となるものは捨てないよう注意すると共に児童に対しても指導すること。

(防虫)

第43条 か、はえの駆除については、殺虫剤を用いて撲滅に努めると共に、環境整理をなし発生源の除去に努めるものとする。

第5章 事務分担

第44条 職員の事務分担については、各施設ごとに協議作成し毎年度末頭書に村長に届出をなすものとする。

附 則

第1条 この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

第2条 弥彦村立保育所運営規則(昭和44年規則第10号)は廃止する。

附 則(昭和62年3月28日規則第2号)

この規則は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月20日規則第5号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月31日規則第1号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月30日規則第10号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成19年9月28日規則第35号)

この規則は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成26年3月14日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月30日規則第17号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和3年5月19日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行し、令和3年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

弥彦村立保育園運営規則

昭和56年5月1日 規則第3号

(令和3年5月19日施行)

体系情報
第7類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和56年5月1日 規則第3号
昭和62年3月28日 規則第2号
平成7年3月20日 規則第5号
平成10年3月31日 規則第1号
平成13年3月30日 規則第10号
平成19年9月28日 規則第35号
平成26年3月14日 規則第1号
平成28年3月30日 規則第17号
令和3年5月19日 規則第14号