○弥彦村社会教育委員の会議運営規則

平成27年3月6日

教育委員会規則第2号

弥彦村社会教育委員の会議運営規則

(趣旨)

第1条 この規則は、弥彦村社会教育委員条例(昭和61年条例第14号)第4条の規定に基づき、弥彦村社会教育委員の会議(以下「会議」という。)運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員長と副委員長)

第2条 会議には、弥彦村社会教育委員(以下「委員」という。)の互選による委員長、副委員長各1人を置く。

(委員長と副委員長の職務)

第3条 委員長は、会議を招集し、これを主宰する。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき又は欠けたときは、その職務を行う。

(会議の招集)

第4条 会議は、必要がある場合に招集するものとする。

2 前項の規定による招集は、会議の開催の日時、場所及び会議に付議すべき事項をあらかじめ通知して行う。

第5条 委員長、副委員長がともに欠けたときは、第3条の規程にかかわらず、教育長が会議を招集する。

(会議の定足数)

第6条 会議は、在籍委員の半分以上が出席しなければ、これを開くことができない。

2 会議の議決は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは委員長が決するところによる。

(会議の内容)

第7条 会議では、以下のことを行う。

(1) 弥彦村教育委員会(以下「教育委員会」という。)からの諮問を受けた答申、教育委員会への提言

(2) 社会教育に関する諸計画の立案

(3) 地域の実態把握

(4) 地域のネットワークづくり

(5) 委員の資質向上のための研修

(6) 情報交換

(7) その他

(その他必要な事項)

第8条 この規則に定めるもののほか、会議に関し必要な事項は、委員長が会議に諮って決定する。

この規則は、公布の日から施行し、平成27年1月1日から適用する。

弥彦村社会教育委員の会議運営規則

平成27年3月6日 教育委員会規則第2号

(平成27年3月6日施行)