○弥彦村文化財旧武石家住宅管理条例

平成9年3月26日

条例第16号

弥彦村文化財旧武石家住宅管理条例

(趣旨)

第1条 この条例は、弥彦村文化財旧武石家住宅(以下「旧武石家住宅」という。)の管理について必要な事項を定めるものとする。

(位置)

第2条 旧武石家住宅の位置は、弥彦村大字麓7,056番地とする。

(管理)

第3条 旧武石家住宅は、弥彦村教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(公開)

第4条 旧武石家住宅は、公開するものとする。

(行為の禁止)

第5条 旧武石家住宅においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 許可を受けないで火気を使用すること。

(2) 建造物、器物、展示品及び植物等を汚損又は損傷すること。

(3) 広告又はこれに類するものを掲出し、又は張り紙をすること。

(4) 刃物その他危険物を携帯すること。

(5) 許可を受けないで資料及び展示用ケースに手を触れること。

(6) 指定された場所以外で喫煙又は飲食すること。

(7) 旧武石家住宅の秩序を乱すこと。

(8) その他教育委員会が指示すること。

(観覧の停止等)

第6条 教育委員会は、観覧者が前条の規定に反したときは観覧を停止させ、又は退出を命ずる等必要な措置を講ずることができる。

(観覧料)

第7条 旧武石家住宅を観覧しようとする者は、次の表に掲げる観覧料を納付しなければならない。

種別

単位

金額

個人

小人(小中学生)

1人1回につき

100円

大人

1人1回につき

200円

団体(10人以上)

小人

1人1回につき

80円

大人

1人1回につき

160円

2 前項の規定による観覧料は、教育委員会が必要と認めるものについては、これを減免することができる。

(観覧料の返還)

第8条 納付した観覧料は、返還しない。ただし、観覧者の責めに帰さない理由により観覧できないときは、この限りでない。

(施設の使用申請及び許可)

第9条 旧武石家の住宅の施設を使用する者は、あらかじめ教育委員会に申請し、その許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しないものとする。

(1) 施設をき損するおそれがあると認められるとき。

(2) その他、管理上支障があると認められるとき。

(許可の取消し)

第10条 教育委員会は前条の規定による許可を受けた者が、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用の許可を取り消し、又は制限することができる。

(1) 偽りその他不正の手段により使用の許可を受けたとき。

(2) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(3) 使用の許可に付した条件に違反したとき。

(4) 災害その他の事故により旧武石家の使用ができなくなったとき。

(使用料)

第11条 使用の許可を受けた者は、別表に掲げる使用料を納めなければならない。

2 使用料は、使用許可を受けた際に納入しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、後納させることができる。

(使用料の減免)

第12条 教育委員会が、特に必要と認めるときは、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第13条 既に納入した使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、当該各号に掲げる額を還付することができる。

(1) 使用者の責めに帰さない事由により使用することができないとき 全額

(2) 使用期日7日前までに使用者が使用を取り消したとき 半額

(3) その他やむを得ないと認めたとき 半額

(損害賠償)

第14条 旧武石家住宅の施設等を汚損又は損傷した者は、教育委員会の認定に基づき、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第15条 この条例に定めるもののほか旧武石家住宅の管理に関し必要な事項は、教育委員会が規則で定める。

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

(平成9年6月30日条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第11条関係)

使用時間

施設

午前9時から12時まで

12時から午後5時まで

午後5時から午後10時まで

午前9時から午後10時まで

旧武石家住宅

3,000円

5,000円

6,000円

12,000円

備考 入場料、会費又はこれに類する料金を徴収する場合は、本表の5割増しとする。

弥彦村文化財旧武石家住宅管理条例

平成9年3月26日 条例第16号

(平成9年6月30日施行)