○弥彦村老人憩の家施設の設置及び管理に関する条例

平成12年3月22日

条例第30号

弥彦村老人憩の家施設の設置及び管理に関する条例

(目的及び設置)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき老人の健康増進並びに教養向上及びレクリェーションのための便宜を図り、もって老人福祉の増進に寄与するため、老人憩の家施設の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 老人憩の家施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 観山荘

位置 弥彦村大字麓7045番地2

(管理)

第3条 観山荘は、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

(使用の許可)

第4条 観山荘を使用する者は、あらかじめ村長の許可を受けなければならない。また、許可を受けた内容を変更する場合も同様とする。

2 村長は前項の許可に際し、管理上必要あるときは条件を付することができる。

(使用許可の制限)

第5条 村長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可をしない。

(1) 公共の秩序を乱し、公益を害するおそれがあるとき。

(2) 建物又は附属設備等を損傷するおそれのあるとき。

(3) 管理又は運営上支障があるとき。

(4) その他村長が不適当と認めたとき。

(使用許可の取消及び停止)

第6条 村長は、第4条の規定による許可を受けた者が、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用の許可の取消し又は使用の制限若しくは停止することができる。

(1) この条例に違反したとき。

(2) 虚偽その他不正の手段によって使用の許可を受けたとき。

(3) 使用の許可に付した条件に違反したとき。

(4) 前条の規定に該当したとき。

(使用料)

第7条 使用の許可を受けた者は、弥彦村使用料条例(昭和43年条例第7号)に定める額を前納しなければならない。ただし、村長が特に認めたときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第8条 村長は次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、営利を目的とする使用を除き、使用料の全部又は一部を減免することができる。

(1) 公共団体又は村長が必要と認めた団体が使用するとき。

(2) その他、村長が認めたとき。

(使用料の還付)

第9条 既に納付された使用料は、これを還付しない。ただし、村長が相当の理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(現状の回復義務)

第10条 使用者は、その使用後直ちにその使用場所を現状に復さなければならない。

(損害賠償)

第11条 使用者は、建物又は設備その他の物件を損傷し、又は滅失したときは、村長の定める損害を賠償しなければならない。ただし、村長が不可抗力によると認めたときは、この限りではない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し、必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

弥彦村老人憩の家施設の設置及び管理に関する条例

平成12年3月22日 条例第30号

(平成12年4月1日施行)