○弥彦村PCR検査費用助成事業実施要綱

令和3年4月1日

要綱第11号

弥彦村PCR検査費用助成事業実施要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、国実施要綱(令和3年度(令和2年度からの繰越分)新型コロナウイルス感染症の流行下における一定の高齢者等への検査助成事業(令和2年度予備費分)の実施について(令和3年4月1日付け老発0401第9号厚生労働省老健局長通知)別紙令和3年度(令和2年度からの繰越分)新型コロナウイルス感染症の流行下における一定の高齢者等への検査助成事業(令和2年度予備費分)実施要綱をいう。次条において同じ。)に基づき、村長が行うPCR検査の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 助成金の交付の対象となる者(以下「交付対象者」という。)は、PCR検査を受ける日において村内に住所を有する者であって、国実施要綱第3項第2号に規定する検査対象者とする。ただし、行政検査の対象となった者を除く。

(対象検査)

第3条 助成金の対象となる検査(以下「対象検査」という。)は、PCR検査とする。

(助成金の額)

第4条 助成金の額は、対象検査の実施に要する費用から交付対象者の負担する額2,000円を差し引いた額とする。

(交付申請等)

第5条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、村長が指定する日までに、弥彦村PCR検査費用助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、村長に申請しなければならない。

(1) PCR検査を受けた医療機関又は検査機関が発行した領収書の原本

(2) その他村長が必要と認める書類

(交付決定等)

第6条 村長は、前条の規定による交付申請書兼請求書の提出があったときは、その内容を審査の上、速やかに助成金の交付の可否を決定し、弥彦村PCR検査費用助成金交付決定通知書(様式第2号)により、その旨を申請者に通知するものとする。

(交付決定の取消し等)

第7条 村長は、偽りその他不正な手段により助成金の交付決定を受けた者があった場合又は交付対象者の要件を満たさないことが判明した者があった場合は、当該交付決定を取り消すことができる。

2 前項の場合において、村長は、既に助成金が交付されているときは、助成金の返還を命ずることができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行する。

(この要綱の失効)

2 この要綱に規定する助成金の申請期間は、公布の日から令和4年3月31日までとし、この要綱は、これらの申請による助成金の交付その他手続が完了した日に、その効力を失う。

画像

画像

弥彦村PCR検査費用助成事業実施要綱

令和3年4月1日 要綱第11号

(令和3年4月1日施行)