○大衡村議会事務局処務規程

昭和51年3月29日

規程第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は,大衡村議会の庶務の処理に関し必要な事項を定めるものとする。

(事務分掌)

第2条 議会事務局の事務分掌は次のとおりとする。

庶務に関するもの

(1) 儀式及び交際に関すること

(2) 諸規則等の整備,管理に関すること

(3) 議員及び職員の研修並びに福利厚生に関すること

(4) 職員の服務,規律及び給与,身分に関すること

(5) 文書の収受,発送及び保管に関すること

(6) 公印の管理に関すること

(7) 予算,決算及び経理に関すること

(8) 物品の管理に関すること

(9) 議場等の管理に関すること

議事に関するもの

(1) 本会議,委員会及び全員協議会に関すること

(2) 議案,請願,陳情,決議及び意見書等に関すること

(3) 議決事項の報告及び会議録の調製,保管に関すること

(4) 議会における選挙に関すること

(5) 会議の傍聴人に関すること

(6) 公聴会に関すること

調査に関するもの

(1) 議案審議にかかる資料の収集及び調査に関すること

(2) 法規の調査及び研究に関すること

(3) 統計資料の作成に関すること

(4) 議会広報の発行に関すること

(職及び職務)

第3条 事務局には,次の表の上欄に掲げる職を置き,その職務は,当該下欄に定めるとおりとする。

職務

局長

議長の命を受け,事務局の事務を掌理し,所属職員を指揮監督する。

2 前項に掲げる職のほか,必要に応じ次の表の上欄に掲げる職を置き,その職務は,当該下欄に定めるとおりとする。

職務

書記の職

参事

上司の命を受け,重要事項についての企画及び立案に参画し,並びに特定事項を総括整理する。

副参事

上司の命を受け,局長と共同して事務局の事務を掌理し,特定事項を整理する。

次長

上司の命を受け,事務局の事務を整理し,局長を補佐する。

主幹

上司の命を受け,特定事項の調査,企画及び立案に参画し,並びに主査の事務を整理する。

主査

上司の命を受け,特定事項についての調査及び研究に当たり,並びに担当事務を整理する。

主任

上司の命を受け,担当事務を整理する。

主事

上司の命を受け,事務を司る。

(事務局長の専決事項)

第4条 次の各号に掲げる事項は,事務局長が専決することができる。

(1) 職員の事務分担に関すること。

(2) 職員の即日帰庁及び一泊を要する旅行命令に関すること。

(3) 職員の時間外勤務命令及び休日勤務命令に関すること。

(4) 職員の年次休暇の承認に関すること。

(5) 職員の事務引継に関すること。

(6) 職員の勤務を要しない日等の指定及び変更に関すること。

(7) 臨時職員の服務に関すること。

(8) 管守する公印の使用に関すること。

(9) 軽易な照会,回答,通知,報告等に属する文書の処理に関すること。

(10) 所掌事務に係る文書の送達に関すること。

(11) 所掌事務に係る軽易な証明に関すること。

(12) 議決書及び会議録の閲覧並びに謄抄本の交付に関すること。

(13) 各種の統計及び資料の収集に関すること。

(14) 議場等の一時使用に関すること。

(15) その他議会の庶務に係る軽易と認められる事務に関すること。

(議長の代決)

第5条 議長及び副議長ともに事故あるときは,事務局長がその事務を代決することができる。

2 前項の規定により代決した事項は,すみやかに後閲を受けなければならない。

(事務局長の代決)

第6条 事務局長に事故あるときは,事務局長が定める者がその事務を代決することができる。

2 前項の規定により代決した事務で必要と認められるものについては,すみやかに,上司の後閲を受けなければならない。

(文書関係帳簿)

第7条 事務局に次の各号に掲げる帳簿を備えなければならない。

(1) 文書件名簿

(2) 請願陳情収受簿

(3) 議決書及び会議録閲覧申請簿

(4) 議決書及び会議録謄抄本交付申請簿

(5) その他特に必要と認めたもの

(文書の種類)

第8条 文書の種類は,次のとおりとする。

(1) 規則 地方自治法(昭和22年法律第67号)第120条及び第130条第3項の規定に基づき制定するもの

(2) 告示 法令により公表すべき一定の事実について住民に公示するもの

(3) 訓令 権限の行使又は職務に関し職員に対し命令するもの

(4) 議決書及び会議録

(5) 一般文書 前各号に定める文書以外のもの

2 文書には,次の各号に従い記号及び番号をつけなければならない。ただし,表彰状,証明書その他軽易な文書については,この限りでない。

(1) 規則,告示及び訓令 暦年により一連番号をつける。

(2) 議決書及び会議録 暦年により定例会,臨時会を明記,一連番号をつける。

(3) 一般文書 「衡議」を冠し会計年度により文書収発番号をつける。

(請願書及び陳情書の収受)

第9条 請願書及び陳情書は,請願陳情収受簿により収受し,上司の閲覧を得たうえで必要な措置をしなければならない。

(文書の保存)

第10条 文書の種目及び保存年限の標準は,次に定めるとおりとする。

第1種 11年以上保存

(1) 本会議の議事に関する書類及び常任委員会,議会運営委員会,特別委員会の議事に関する書類で11年以上保存の必要があると認めるもの

(2) 政府,都道府県等関係行政庁に対する意見書で特に重要なもの

(3) 地方自治法第100条第1項の規定にもとづき行なわれた調査に関する書類

(4) その他11年以上保存の必要と認めるもの

第2種 10年保存

(1) 請願書及び陳情書

(2) 政府,都道府県関係行政庁に対する意見書で第1種以外のもの

(3) 常任委員会,議会運営委員会,特別委員会の議事に関する書類

(4) その他10年保存の必要と認めるもの

(文書の取扱い)

第11条 第6条から第10条までに定めるもののほか,文書の取り扱いについては,大衡村文書取扱規程の例による。

(公印の種類等)

第12条 公印の種類,使用区分,大きさ及び形状は,別表のとおりとする。

(公印の管守)

第13条 公印は,事務局長が管守する。

(公印の廃止,新調等の取扱い)

第14条 公印の廃止,新調等公印に関する取扱については,前2条に定めるもののほか,大衡村公印規程の例による。

(職員の服務)

第15条 職員の服務については,村長部局に属する職員の例による。

附 則

この訓令は,昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年6月1日議会訓令第1号)

この訓令は,昭和62年6月1日から施行する。

附 則(平成3年5月8日議会訓令第1号)

この訓令は,平成3年5月8日から施行する。

附 則(平成5年10月15日議会訓令第1号)

この訓令は,平成5年10月15日から施行する。

附 則(平成7年3月31日議会訓令第1号)

この訓令は,平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日議会訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月24日議会訓令第1号)

この訓令は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年6月21日議会訓令第2号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月16日議会訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月24日議会訓令第1号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日議会訓令第1号)

この規程は,公布の日から施行する。

別表

種類

用途

寸法

(ミリメートル)

ひな形

管理者

議会印

一般縦書文書用

方21.0

画像

事務局長

議長印

一般縦書文書用

方17.5

画像

事務局長

一般横書文書用

方18.0

画像

事務局長

常任委員長印

一般横書文書用

方17.5

画像

事務局長

特別委員長印

一般横書文書用

方18.0

画像

事務局長

運営委員長印

一般横書文書用

方18.0

画像

事務局長

事務局長印

一般横書文書用

方15.0

画像

事務局長

大衡村議会事務局処務規程

昭和51年3月29日 規程第2号

(平成30年3月30日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
昭和51年3月29日 規程第2号
昭和62年6月1日 議会訓令第1号
平成3年5月8日 議会訓令第1号
平成5年10月15日 議会訓令第1号
平成7年3月31日 議会訓令第1号
平成14年3月29日 議会訓令第1号
平成24年3月24日 議会訓令第1号
平成25年6月21日 議会訓令第2号
平成27年3月16日 議会訓令第1号
平成28年3月24日 議会訓令第1号
平成30年3月30日 議会訓令第1号