○大衡村電子計算処理に係るデータ保護取扱要領

昭和54年3月31日

告示第21号

第1章 総則

(目的)

第1条 この取扱要領は,大衡村が電子計算機処理を行う場合においてデータ保護の的確な管理を図るため措置すべき事項の大綱を定めることを目的とする。

(対象とするデータ)

第2条 この取扱要領で対象とするデータは,電子計算機処理に係る入出力帳票又は磁気テープ,磁気ディスク,その他媒体に記録されているデータでその的確な管理を図る必要のあるものとし,村長は法令規定により外部に知られることを適当でないものを指定するものとする。

第2章 管理組織

(データ保護管理者)

第3条 村長は,電子計算機処理に係るデータ保護に関する総合的管理を取り扱わせるため総務課長をデータ保護管理者(以下「保護管理」という。)に指定するものとする。

(データ取扱責任者)

第4条 保護管理者の事務の一部を取り扱わせるため電子計算機処理に係る業務の担当課長をデータ取扱責任者(以下「取扱責任者」という。)とするものとする。

(データ取扱員)

第5条 取扱責任者はその所管する課及びその利用する課の職員(以下「取扱員」という。)をして電子計算機処理に係るデータの取扱いに当らせることができるものとする。

(秘密保持)

第6条 データを取り扱う職員は利用に係る個人情報の秘密保持に努めなければならない。

(データ管理運営委員会)

第7条 村長は保護管理者を長とし取扱責任者及び利用する課の長を構成員とするデータ管理のための運営委員会(以下「運営委員会」という。)を設置するものとする。

2 運営委員会は電子計算処理に係るデータ保護の的確な管理及び利用に関する審議等必要な連絡調整を行うものとする。

第3章 委託業務及び委託契約

(委託協議)

第8条 電子計算機処理を委託しようとする場合は利用する課の長は取扱責任者を経て当該委託業務をあらかじめ保護管理者と協議するものとする。

(協議事項)

第9条 前項の協議においては次に掲げる事項について協議するものとする。

(1) 委託業務の内容

(2) 委託先におけるデータ保護管理に関する規程及び体制の整備状況

(3) データの秘密保持に関する事項

(4) 委託先におけるデータの保管及び廃棄に関する事項

(5) 委託契約書に明記すべき事項

(6) 検査の実施に関する事項

(7) その他委託業務に必要な事項

第4章 データの管理体制

(委託業務に係るデータの管理)

第10条 保護管理者は運営委員会の審議を経て電子計算機処理に係るデータの委託,入出力帳票及び磁気テープ等の保管及び廃棄に関する手続き及び方法を定めるものとする。

2 取扱責任者は電子計算機処理に係る入力帳票及びデータの委託に際しては記載内容の秘密保持のための措置をしなければならない。

3 取扱責任者は電子計算機処理を委託する場合には入力帳票及びデータの種類,数量及び受払等を記載する管理台帳を作成し,委託先における滅失,き損,混入等の有無について検収を行う等その的確な管理を図るものとする。

(保護データの使用管理)

第11条 取扱責任者はその所管する課及び利用する課,委託先における電子計算機処理に係るデータ(以下「保護データ」という。)の使用については,使用目的,使用者等,使用範囲についてあらかじめ又はそのつど保護管理者の承認を受けるものとする。

2 取扱責任者は電子計算機処理に係る保護データの使用についてはその所管する課及び利用する課の申請に基き又外部提供については秘密保持が保障されないと判断した場合,保護管理者と協議し使用を制限することができるものとする。

第5章 検査

(データの検査)

第12条 保護管理者は電子計算機処理に係るデータ保護の的確な管理を図るため委託業務を担当する課及び委託先におけるデータ管理の状況等を定期的に又は随時検査を行うものとする。

附 則

この要領は,公布の日から施行する。

附 則(平成12年10月20日告示第78号)

この要領は,公布の日から施行する。

画像

画像

大衡村電子計算処理に係るデータ保護取扱要領

昭和54年3月31日 告示第21号

(平成12年10月20日施行)