○大衡村情報公開審査会運営要綱

平成11年12月27日

訓令第10号

(趣旨)

第1条 この要綱は,情報公開条例(平成11年大衡村条例第27号。以下「条例」という。)第13条第8項の規定に基づき,大衡村情報公開審査会(以下「審査会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(審議の原則)

第2条 実施機関が諮問した審査請求の調査及び審議は,公開決定等に係る情報をもとに行うものとする。

(資料)

第3条 審査会は,条例第13条第6項の規定により,諮問した実施機関(以下「諮問実施機関」という。)から記録されている情報の内容及び当該公開決定等を判断した理由を分類し,又は整理した資料(以下「資料」という。)が提出されたときは,その写しを審査請求人及び参加人に送付するとともに,相当の期間を定め,資料に対する意見を記した書面(以下「意見書」という。)の提出を求めることができる。

2 審査会は,前項の意見書が提出されたときは,その写しを諮問実施機関に送付するものとする。

(調査等)

第4条 前条に定めるもののほか,条例第13条第6項の規定により審査請求人等に意見書又は資料の提出を求めること,適当と認めるものにその知っている事実を陳情させ,又は鑑定を求めることその他必要な調査を行う方法等は,その都度会長が審査会に諮って定めるものとする。

(意見陳述等)

第5条 条例第13条第6項の規定による意見の陳述に係る申立ては,書面によるものとする。

(補佐人)

第6条 審査会は,条例第13条第6項の規定により審査請求人又は参加人から補佐人の付添いの申立てがあった場合において,その申立てが相当であると認めたときは,補佐人の付添いを認めることができる。

2 前項の申立ては,書面によるものとする。

(意見等の陳述者の数)

第7条 条例第13条の規定により審査会の会議に出席し意見を述べる者(審査請求人等の代理人及び補佐人を含む。)の数は,5人以内とする。ただし,審査会が特に必要と認めたときは,この限りでない。

(答申内容の公表)

第8条 審査会は,諮問に対する答申をしたときは,答申の内容が記載された資料を情報公開窓口へ送付し,公表するものとする。

(会議録の作成等)

第9条 審査会は,次の事項を記載した会議録を作成するものとする。

(1) 開催日時

(2) 出席者の氏名

(3) 会議に付した事案の件名

(4) 議事の概要

(5) その他必要な事項

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか,審査会の運営に関し必要な事項は,会長が審査会に諮って定める。

附 則

この要綱は,平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日訓令第9号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成28年4月1日から施行する。

大衡村情報公開審査会運営要綱

平成11年12月27日 訓令第10号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第4節 情報公開・保護等
沿革情報
平成11年12月27日 訓令第10号
平成28年3月30日 訓令第9号