○大衡村繁殖牛導入基金の管理運用等に関する規則

平成3年4月1日

規則第6号

(目的)

第1条 この規則は,大衡村繁殖牛導入基金条例(平成3年条例第4号)第6条の規定により,大衡村繁殖牛導入基金(以下「基金」という。)の管理運用等に関し,必要な事項を定めるものとする。

(貸付け)

第2条 基金は,大衡村に居住し,畜産経営の規模拡大に対する意欲と能力を有する農業者に貸付けるものとする。

2 貸付は,1農業者に対して2件(2頭)を限度とする。

3 1件の貸付金は,子牛市場を通して導入した繁殖牛代金相当額とし,1件(1頭当り)800,000円以内を限度とし,1農業者への貸付限度額は,1,300,000円とする。但し,自家保留牛は,300,000円以内を限度とする。

4 貸付期間は5年とし,無利子とする。

(申請)

第3条 第2条の基金を借受けしようとする者は,基金借受申請書(様式第1号)を村長の指定する日までに提出しなければならない。

(諾否の通知)

第4条 村長は,前条の規定による申請書の提出があったときは,貸付委員会に諮り貸付の適否を決定して,その諾否を基金貸付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(基金の貸付け)

第5条 前条の規定により,基金の貸付決定を受けた者(以下「借受者」という。)が当該家畜を購入又は自家保留したときは,直ちに基金貸借契約書(様式第3号)を村長と締結しなければならない。

(借受者の義務)

第6条 借受者は,畜産経営計画の達成に努めなければならない。

第7条 借受者は,貸付けを受けた者の死亡,労働力の大幅な異動,その他農業経営の存続に重大な影響を与える事実が発生したとき,及び基金の貸付けを受けて導入又は自家保留した家畜につき盗難,失そう,疾病,死亡,その他重大な事故があったときは,遅滞なくその状況を文書により村長に報告しなければならない。

(貸付金の償還)

第8条 貸付けを受けた基金の償還は,村長の発行する納入通知書により,指定の期日までに納入しなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,村長が別に定めるものとする。

附 則

この規則は,平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月11日規則第1号)

(施行期日)

この規則は,平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成11年7月1日規則第12号)

(施行期日)

この規則は,平成11年7月1日から施行する。

附 則(平成18年3月9日規則第2号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像画像

大衡村繁殖牛導入基金の管理運用等に関する規則

平成3年4月1日 規則第6号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第4章
沿革情報
平成3年4月1日 規則第6号
平成6年3月11日 規則第1号
平成11年7月1日 規則第12号
平成18年3月9日 規則第2号