○就業規程

昭和53年3月20日

規程第1号

(目的)

第1条 本規程は,排水処理事業に従事する職員のみを対象とし,排水処理事業運営管理規則第9条から第11条までの事項を明確にし,本事業を適正に実施することを目的とする。

(就業)

第2条 就業日については,4週間を基礎とし3名をもって処理事業にあたり,原則として別表のとおり実施することとし,常時1名は必ず就業するものとする。ただし,必要に応じ所属長の指示を受けていたときは,就業するものとする。

第3条 就業時間については,午前8時30分から午後5時15分までとする。

2 異常事態発生時は,必要に応じて応援を得ることとし,その時刻より時間外勤務として就業するものとし,すみやかに所属長に連絡するものとする。

(有給休暇及び休日)

第4条 処理事業に従事する職員の勤務割振は,職員の勤務均衡を図り計画的に交替休務日を与えなければならない。

2 有給休暇は,運転不能とならないため原則として,休暇前日まで申し出て決裁を得ることとし緊急時においては,代替者の承認を得てすみやかに所属長の決裁を得ることとする。

3 所属長は,前項以外の休務等について運転業務に支障ないかぎり適宜に調整するものとする。

附 則

この規程は,昭和53年4月1日から施行する。

附 則(平成12年7月28日訓令第13号)

この訓令は,平成12年8月1日から施行する。

別表 略

就業規程

昭和53年3月20日 規程第1号

(平成12年7月28日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
昭和53年3月20日 規程第1号
平成12年7月28日 訓令第13号