○大衡村中小企業振興資金融資等利子補給金交付要綱

平成15年2月17日

訓令第2号

(目的)

第1条 村内に居住する中小企業者または小規模企業者(以下「中小企業者等」という。)の金融の円滑を図り,経営の安定と健全なる発展に資するため,経営に必要な事業資金を借り入れた中小企業者等に対し,予算の範囲内において中小企業振興資金融資利子補給金(以下「利子補給金」という。)を交付するものとする。この交付等に関しては,補助金交付規則(昭和40年規則第4号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,この要綱に定めるところによる。

(利子補給対象者)

第2条 この制度により利子補給金を受けることができる中小企業者等は,平成15年4月1日以降に大衡村中小企業振興資金融資規則(昭和44年規則第4号)の規定による融資を受けた者とする。

(利子補給率及び利子補給期間等)

第3条 村長は,前条の者に対し,予算の範囲内において貸付利率のうち,1.0%以内で利子補給を行うものとする。その補給期間は当該資金の貸付期間とする。

2 算出した利子補給金の額に1円未満の端数が生じたときは,これを切り捨てるものとする。

(交付の申請等)

第4条 この要綱に基づき利子補給金を受けようとする中小企業者等は,利息計算書等を添付の上,様式第1号の利子補給金交付申請書を提出するものとする。その提出期限は,4月1日から翌年3月31日までを期間とし,期間満了後2週間以内とする。

(交付決定通知等)

第5条 村長は,前条の利子補給金交付申請書が提出されたときは,内容を審査して額を確定し,速やかに利子補給金を交付するものとする。

2 村長は,規則第7条の規定に基づく利子補給金を交付するときは,中小企業者等に対し様式第2号の交付決定通知書を通知するものとする。

(違反に対する措置)

第6条 村長は,当該資金の融資を受ける中小企業者等が,大衡村中小企業振興資金融資規則第10条第2項に規定する行為があったときは,第3条に規定する利子補給金を中止するとともに,すでに交付した補給金の一部または全部を返還させることができる。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この要綱は,平成15年4月1日より施行する。

附 則(平成23年6月7日告示第70号)

(施行期日)

1 この要綱は,公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際,現に廃止前の大衡村小規模企業小口融資規則(平成9年規則第16号)及び大衡村小規模企業小口融資要綱(平成9年告示第73号)の規定によりなされた融資斡旋については,なお従前の例による。

画像

画像

大衡村中小企業振興資金融資等利子補給金交付要綱

平成15年2月17日 訓令第2号

(平成23年6月7日施行)