○大衡村日中一時支援事業実施要綱

平成18年10月13日

告示第101号

(目的)

第1条 この要綱は,障害児及び障害者(以下「障害者等」という。)の日中における一時預かり事業を実施し,社会に適応するための日常的な訓練等多様な福祉サービスの提供を行うことにより,家族の負担軽減を図り障害者等とその家族の生活を支援することを目的とする。

(事業実施主体)

第2条 この事業の実施主体は,大衡村とし,村長は,適切な事業運営を行うことができると認める社会福祉法人等の実施機関に委託の上,事業を実施するものとする。

(事業内容)

第3条 この事業の事業区分及び内容は,次のとおりとする。

(1) 日帰りショートステイ 障害福祉サービス事業所,障害者支援施設,空き店舗等,身近な場所にある社会資源を活用し,障害者等を一時的に預かり,身近な場所での支援サービスを提供する事業とする。

(2) 送迎サービス事業 障害者等が,前各号の事業の利用に当たり,送迎を希望した場合,移動サービスを提供する事業とする。

(対象者)

第4条 各事業の対象者は,次のとおりとする。

(1) 日帰りショートステイ 村長が援護の実施者となる障害者等(第5条に規定する実施機関において処遇することが困難な医療を要する者等を除く。)

(2) 送迎サービス事業 村長が援護の実施者となる障害者等で,前号の事業を利用する者(第5条に規定する実施機関において処遇することが困難な医療を要する者等を除く。)

(委託機関)

第5条 第2条の規定により村長がこの事業を委託する実施機関(以下「委託機関」という。)は,障害福祉サービス事業所・障害者支援施設・障害者等を支援する任意団体・NPO法人等とする。

(実施方法)

第6条 この事業の実施方法は,次のとおりとする。

(1) 利用者の事前登録

 各事業の利用を希望する対象者及びその保護者等(以下「利用者」という。)は,あらかじめ,村長に対し,日中一時支援事業登録申込書(様式第1号)を提出しなければならない。

 村長は,の規定により提出があった日中一時支援事業登録申込書に基づき,日中一時支援事業登録者調書(様式第2号)を作成のうえ登録の要否及び障害程度区分を審査し,登録を認めたときは,日中一時支援事業利用者台帳(様式第3号)を作成し,その写しを委託機関の長に送付するとともに,利用者に対し登録決定通知書(様式第4号)と利用者カード(様式第5号)を,登録を却下したときは登録却下決定通知書(様式第6号)を交付するものとする。

 委託機関の長は,の日中一時支援事業利用者台帳に登録された利用者について,必要に応じて利用者の状況の聞き取りを行い,その状態把握に努めるものとする。

(2) 利用の申込み

 利用者は,各事業を利用しようとするときは,事前に委託機関に電話等で申し込むものとする。

 利用者は,あらかじめ,前号ロの利用者カードを委託機関に提示し,日中一時支援事業利用申込書(様式第7号)により,委託機関を経由の上,村長に申し込むものとする。

(3) 利用の実施 前号イの規定による申込みを受けた委託機関の長は,利用状況等について調整の上,利用が可能と見込める場合は,事前に村長及び利用者にその旨連絡し,利用を実施するものとする。

(4) 実施状況報告 委託機関の長は,この事業を実施した場合,村長に対し,実施した月の翌月の10日までに日中一時支援事業実施状況報告書(様式第8号)を提出するものとする。

(費用の負担)

第7条 村長は,別表に定める基準額から本人負担額を除いた費用を負担するものとする。

2 委託機関の長は,必要がある場合は,この事業の利用料の費用を定め,利用者から徴収できるものとする。この場合において,委託機関の長は,利用者に事前に説明し同意を得なくてはならない。

3 委託機関の長は,前項の費用を定めたときは,村長に報告しなければならない。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか,事業の実施に関し必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この要綱は,公布の日から施行し,平成18年10月1日から適用する。

附 則(平成28年3月28日告示第37号)

(施行期日)

第1条 この告示は,行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)附則第1条第4号に掲げる規定の施行の日(平成28年1月1日)から施行する。

(大衡村日中一時支援事業実施要綱の一部改正に伴う経過措置)

第3条 この告示の施行の際,第3条の規定による改正前の大衡村日中一時支援事業実施要綱の様式による用紙で,現に残存するものは,当分の間,所要の修正を加え,なお使用することができる。

附 則(平成28年3月30日告示第41号)

この告示は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日告示第43号)

(施行期日)

1 この告示は,平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際,第2条の規定による改正前の大衡村子ども・子育て支援法に係る支給認定事務等取扱要綱,第3条の規定による改正前の大衡村日中一時支援事業実施要綱,第4条の規定による改正前の大衡村障害者等日常生活用具等給付事業実施要綱,第5条の規定による改正前の大衡村移動支援事業実施要綱,第6条の規定による改正前の大衡村国民健康保険税滞納者に係る措置の実施要綱及び第7条の規定による改正前の東日本大震災に係る大衡村国民健康保険一部負担金等の免除事務取扱要綱に規定する様式による用紙で,現に残存するものは,当分の間,所要の修正を加え,なお使用することができる。

別表(第7条関係)

対象者

4時間未満

4時間~8時間未満

8時間以上

送迎加算

540円(片道)

障害者

区分1

1,230円

2,450円

3,680円

区分2

1,480円

2,970円

4,450円

区分3

2,060円

4,120円

6,180円

障害児

区分1

1,230円

2,450円

3,680円

区分2

1,480円

2,970円

4,450円

区分3

1,890円

3,790円

5,680円

遷延性意識障害者を医療機関で実施した場合

3,500円

7,000円

10,500円

重症心身障害児(者)に対して医療機関外で実施した場合

5,000円

10,000円

15,000円

重症心身障害児(者)に対して医療機関で実施した場合

6,000円

12,000円

18,000円

本人又は保護者の負担額(実施機関で徴収)

日帰りショートステイ

利用額の1割

送迎サービス

利用者負担なし

様式第1号 略

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大衡村日中一時支援事業実施要綱

平成18年10月13日 告示第101号

(平成28年4月1日施行)