○大衡村食品等放射能測定実施要領

平成24年7月27日

訓令第16号

(目的)

第1条 東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能被害について,村民の安全・安心を確保するために,家庭内で栽培された野菜や農水産物などの食品等の放射能測定を実施し,村民の不安を解消することを目的とする。

(測定機器)

第2条 放射能を測定する機器は,NaIシンチレーションスペクトロメータ(EMFジャパン株式会社製EMF211型)1台,NaIシンチレーションスペクトロメータ(日本サード・パーティ株式会社製AT1320C)1台により行うものとする。

(対象者)

第3条 放射能測定の対象者は,大衡村内に住所を有するものとする。

(測定品目)

第4条 放射能測定の品目は,飲料水(井戸水,湧き水)及び家庭菜園や自家農園などの農産物並びにその他の食品とし,流通食品や販売目的の食品は対象としないものとする。

(測定料金)

第5条 放射能測定に係る費用は,無料とする。

(申込方法)

第6条 放射能測定を希望する者は,平日(祝日を除く)の午前9時から午後4時までの受付時間に電話等により測定日時の事前申込をするものとし,測定日当日に放射能測定依頼書(様式第1号)及び第8条に規定する検体を受付へ提出するものとする。なお,申し込みは1回につき一人1検体とし,測定当日は申込者本人が検体を持参することとする。

(測定結果の取扱いに係る同意)

第7条 前条の規定による受付にあたっては,次の各号の同意を得るものとする。なお,同意を得られない場合は,測定を受け付けないものとする。

(1) 測定結果を公表されること。ただし,依頼者,生産者等の個人情報を含まない。

(2) 測定結果通知書は各種の証明書として利用できないこと。

(検体の持込み方法)

第8条 測定する検体の量は1kg(液体については1リットル)とし,みじん切りにした検体を新しいビニール袋に入れて依頼者本人が提出するものとする。

(検査結果)

第9条 測定実施者は,測定の結果を自家消費野菜等放射能測定結果のお知らせ(様式第2号)により検査終了後1週間以内に依頼者へ通知しなければならない。なお,この測定の結果を証明書として利用することはできないものとする。

附 則

この訓令は,公布の日から施行する。

画像

画像

大衡村食品等放射能測定実施要領

平成24年7月27日 訓令第16号

(平成24年7月27日施行)