○大衡村消費生活相談員設置要綱

平成25年3月1日

告示第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は,消費生活相談員(以下「相談員」という。)の設置に関し,必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 この要綱は,消費生活に係る相談の迅速かつ適切な処理及び消費者啓発の推進に資するため,住民生活課に相談員を設置する。

(委嘱)

第3条 相談員は,消費者問題について,広範な知識を有する者,及び専門的知識を有する者のうちから村長が委嘱するものとする。

(職務)

第4条 相談員は,所属長の指揮監督のもとに,次の職務を行う。

(1) 消費生活に係る相談業務に関すること。

(2) 消費者啓発に関すること。

(3) 情報の収集,提供に関すること。

(4) その他消費生活に関すること。

(任期)

第5条 相談員の任期は,委嘱した日から当該年度末日までとする。ただし,再任を妨げない。

(解嘱)

第6条 村長は,本人から申出があるとき,又は次の各号のいずれかに該当する場合には,相談員を解嘱することができる。

(1) 勤務実績の不良等,職務の遂行状況が著しく不適当と認められる場合

(2) 病気その他心身の故障のため職務の遂行に支障がある場合

(3) その他その職に必要な適正を欠く場合

2 前項の規定により解嘱された者があるときは,随時後任を委嘱することができる。この場合の任期は,前任者の残任期間とする。

(勤務日及び勤務時間)

第7条 相談員の勤務日及び勤務時間は,次のとおりとする。

(1) 勤務日は,原則週1日とする。

(2) 勤務時間は,1日当り6時間以内とする。

2 相談員の勤務を要する日及び勤務時間の割り振りは,所属長が行う。

(賃金)

第8条 相談員に対する賃金は日額とし,予算で定めた額とする。

(服務)

第9条 相談員の服務は,原則として一般職員の例によるものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日告示第41号)

この告示は,平成28年4月1日から施行する。

大衡村消費生活相談員設置要綱

平成25年3月1日 告示第6号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章
沿革情報
平成25年3月1日 告示第6号
平成28年3月30日 告示第41号