○大衡村新型コロナウイルス感染症対策融資信用保証料補給金交付要綱

令和2年4月24日

告示第67号

(趣旨)

第1条 この要綱は,新型コロナウイルス感染症の影響により経営安定に支障を生じている中小企業者等への資金繰り支援として,セーフティネット保証4号及び5号,危機関連保証のいずれかの認定を受けた者で,宮城県信用保証協会(以下「保証協会」という。)の別枠保証を活用し融資を受けた者に対して,予算の範囲内において,大衡村新型コロナウイルス感染症対策融資信用保証料補給金(以下「補給金」という。)を交付するものとし,その交付等に関しては,大衡村補助金交付規則(昭和40年大衡村規則第4号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,この要綱の定めるところによる。

(補給対象者)

第2条 この補給金の交付を受けることができる者は,次の要件を全て満たす事業者とする。

(1) 新型コロナウイルス感染症の発生に起因して,中小企業信用保険法第2条第5項第4号の規定に基づく認定を村長から受けていること,又は,中小企業信用保険法第2条第5項第5号の規定に基づく認定を村長から受けていること,又は,中小企業信用保険法第2条第6項の規定に基づく認定を村長から受けていること。

(2) 前項のいずれかの認定を受け,信用保証協会の別枠保証を活用し融資を受けた事業者

(3) 交付申請時点でくろかわ商工会の会員になっている事業者

(4) 村から同制度による補給金の交付を受けていない事業者

(対象時期)

第3条 補給金の対象時期は,次のとおりとする。

(1) セーフティネット保証4号 令和2年2月18日から9月1日の間に大衡村長から認定を受けたもの。

(2) セーフティネット保証5号 令和2年3月6日から令和3年1月31日の間に大衡村長から認定を受けたもの。

(3) 危機関連保証 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに融資実行されたもの。

(補給金の額)

第4条 補給金の額は,補給対象者が当初融資時に支払った信用保証料の額とし,50万円を上限とする。

(交付申請及び実績報告)

第5条 補給金を受けようとする者は,大衡村新型コロナウイルス感染症対策融資信用保証料補給金交付申請書及び実績報告書(様式第1号)に添付書類を添えて村長に提出するものとする。

(交付決定通知等)

第6条 村長は,前条の申請書が提出されたときは,内容を審査して額を決定し,速やかに補給金を交付するものとする。

2 村長は,補給金を交付するときは,大衡村新型コロナウイルス感染症対策融資信用保証料補給金交付決定通知書(様式第2号)により,交付決定の通知を行うものとする。

(交付請求)

第7条 補給金の交付を受けようとする者は,大衡村新型コロナウイルス感染症対策融資信用保証料補給金交付請求書(様式第3号)を村長に提出しなければならない。

(取り消し及び返還)

第8条 村長は,補給金の交付を受け,若しくは,受けようとする者が次の各号のいずれかに該当したときは,補給金の交付の決定の全部又は一部を取り消し,既に補給金が交付されているときは,補給金の全部又は一部の返還を命じることができる。

(1) 虚偽若しくは不正な手段により補給金の交付を受け,又は,受けようとしたとき。

(2) 当該融資の全部又は一部を繰上償還した場合で信用保証料の返戻金があったとき。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(令和2年6月5日告示第86号)

この告示は,公布の日から施行し,令和2年6月1日から適用する。

画像

画像

画像

大衡村新型コロナウイルス感染症対策融資信用保証料補給金交付要綱

令和2年4月24日 告示第67号

(令和2年6月5日施行)