○輪之内町文化会館の設置及び管理に関する条例

平成4年9月24日

条例第30号

(目的)

第1条 この条例は、輪之内町文化会館(以下「会館」という。)を設置し、その管理運営に関し会館の使用許可、使用料の徴収等に必要な事項を定め芸術文化及び社会教育の向上と福祉の増進を図ることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 会館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 輪之内町文化会館

位置 輪之内町中郷新田1500番地

(使用の許可)

第3条 会館(附属設備等を含む。以下同じ。)を使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

2 許可に係る事項を変更しようとするときも、前項と同様とする。

3 教育委員会は、前2項の許可に、会館の管理上必要な条件を付することができる。

(使用の不許可)

第4条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、会館の使用を許可しない。

(1) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行う恐れがある組織の利益になると認められるとき。

(2) 管理上支障があると認められるとき。

(3) その他使用させることが適当でないと認められるとき。

(使用権の譲渡等の禁止)

第5条 第3条第1項及び第2項の規定による許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可を受けた目的以外の目的に使用してはならない。

2 使用者は、会館使用の権利を他人に譲渡し、又は転貸することができない。

(許可の取消し等)

第6条 教育委員会は、使用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、使用の許可を取り消し、又は使用の停止を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 管理上教育委員会が必要と認めて行う指示に従わないとき。

(3) 偽りその他不正な行為により使用の許可を受けたことが明らかになったとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか教育委員会が特に必要と認めるとき。

2 前項の規定の適用によって使用者が受けた損害について、町はその責めを負わない。

(特別設備)

第7条 使用者は、会館に特別の設備をしようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(使用料)

第8条 使用者は、使用の許可を受けると同時に次の各号に掲げる使用料を納付しなければならない。ただし、町内に住所又は勤務先を有する者以外の者である場合は次の各号に掲げる使用料に3を乗じて得た額とする。

(1) 会館使用料は、別表に定める額

(2) 附属設備等の使用料は、町長が別に定める額

2 既納の使用料は、返還しない。ただし町長が返還することが適当と認める場合は、その全部又は一部を返還することができる。

(減免)

第9条 町長は、公益上その他特別の理由があると認めた場合は、第8条第1項の使用料を減額又は免除することができる。

(原状回復義務)

第10条 使用者は、会館の使用を終了したときは、直ちに使用場所を原状に回復しなければならない。第6条の規定により使用許可を取り消され、又は使用の停止を命ぜられたときも同様とする。

(賠償責任)

第11条 使用者その他会館の利用者は、建物及び附属設備等を破損又は、滅失したときは、町長の定めるところにより、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、平成4年10月1日から施行する。

(平成9年条例第11号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

(平成12年条例第18号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(平成25年条例第25号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

第2条 次の各号については、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う利用の許可に係るものについて適用し、同日前に行う利用の許可に係るものについては、なお従前の例による。

(1) 第1条から第4条までの規定及び第6条の規定による改正後の各条例に規定中使用料に関する部分

(令和元年条例第7号)

(施行期日)

第1条 この条例は、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律(平成24年法律第68号)附則第1条第2号に定める日から施行する。

(経過措置)

第2条 次の各号については、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う利用の許可に係るものについて適用し、同日前に行う利用の許可に係るものについては、なお従前の例による。

(1) 第1条から第4条までの規定及び第6条の規定による改正後の各条例に規定中使用料に関する部分

別表(第8条関係)

会館使用料

時間区分


使用区分

午前

午後

夜間

全日

使用時間延長1時間につき

摘要

9:00~12:00

13:00~16:00

17:00~21:00

9:00~21:00

アーリオンホール(ホワイエを含む)

平日

8,800

13,200

22,000

44,000

5,500


土、日曜日及び休日

11,000

16,500

27,500

55,000

6,600


リトルホール

平日

3,300

4,950

8,250

16,500

1,980


土、日曜日及び休日

4,400

6,600

11,000

22,000

2,640


楽屋1

1,100

1,100

2,200

4,400

660


楽屋2

660

660

1,100

2,420

440


ホワイエ

770

770

1,100

2,640

550


シャワー室

550

550

770

1,870



町民ギャラリー 2,200


照明、電源等を使用する場合3,300円

備考

1 使用者が入場料を徴収する場合の使用料は、この表に定める使用料に5を乗じて得た額とする。

2 使用者が冷房設備又は暖房設備を使用する場合は、1時間につき次の額とする。

ア アーリオンホール(ホワイエを含む) 冷房設備 2,750円 暖房設備 3,300円

イ リトルホール(1室当り) 冷房設備 880円 暖房設備 1,100円

ウ 楽屋1、楽屋2、ホワイエ、町民ギャラリー 冷房設備(1室につき) 340円 暖房設備(1室につき) 550円

3 使用時間を算定する場合に1時間未満の端数を生じたときは、これを1時間に切り上げるものとする。

4 この表において休日とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

輪之内町文化会館の設置及び管理に関する条例

平成4年9月24日 条例第30号

(令和元年10月1日施行)