○自動車の臨時運行許可に関する規則

昭和43年10月1日

規則第20号

(目的)

第1条 この規則は,道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)の規定に基づき,自動車の臨時運行の許可に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(申請)

第2条 法第34条第1項の規定による自動車の臨時運行の許可(以下「許可」という。)を受けようとする者は,自動車臨時運行許可申請書(第1号様式)に所定の事項を記載して市長に提出しなければならない。

2 前項の申請に際しては,自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第7条に規定する自動車損害賠償責任保険証明書を提示しなければならない。ただし,同法第10条の規定に該当するものについては,この限りではない。

3 申請者は,第1項の申請の際,市長から運転免許証又は住民票抄本等の居住の事実を証する書面の提示を要求されたときは,これを提示しなければならない。

4 申請者が市内に住所を有しないときは,市長は,市内に住所を有する者の中から保証人を定めさせ,その保証人に対し,居住の事実を証明する書面の提示を求めることができる。

(昭49規則6・昭63規則47・一部改正)

(許可基準)

第3条 自動車の臨時運行の許可は次に掲げる事項に適合すると認められるものについてこれを行なうものとする。

(1) 許可を受けようとする自動車の長さ,幅及び高さ又は軸重及び輪荷重が道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)に定める制限を超える場合は,保安上の危険がないことについて陸運局長の認定を必要とするものとする。

(2) 許可を受けようとする自動車が登録を受けている自動車でないこと。ただし,登録を受けている自動車で次の1に該当する場合はこの限りでない。

 自動車検査証の有効期間が満了したことにより新規検査(継続新規)を受けようとするとき。

 道路運送法(昭和26年法律第183号)第40条及び第41条又は第81条の規定による停止処分を受け領置された登録番号標の返付を受けようとするとき。

 登録番号標の再交付を受けようとするとき。

 法第20条第2項により領置を受けた登録番号標の返付を受けようとするとき。

(3) 運行の目的が臨時運行許可制度の目的に符合し,かつ,真実性を有すると認められること。

(4) 運行の期間が運行の目的及び経路等を勘案し,必要最少日数であると認められること。

(5) 当該自動車に対する自動車損害賠償責任保険証明書の提示があること。(適用除外のものを除く。)この場合において,保険期間が提示の日から許可期間の満了する日までの期間の全部を充足するものでなければならない。

(6) 同一車両に対し継続して許可申請のあったものについては前回の有効期間中に運行の目的を達成することができなかった正当な事由があると認められること。

(昭49規則6・平6規則38・一部改正)

(番号標の貸与)

第4条 市長は,前条に適合すると認められた申請人に対し,自動車臨時運行許可証(第2号様式。以下「許可証」という。)を交付するとともに,自動車臨時運行許可番号標(以下「番号標」という。)を貸与するものとする。

(昭63規則47・一部改正)

(許可証及び番号標の返納等)

第5条 許可を受けて許可証及び番号標を交付された者(以下「許可を受けた者」という。)は,臨時運行許可の有効期間が満了した日から5日以内に当該許可証及び番号標を返納しなければならない。

2 正当な理由がなく期間内に返納しなかったときは,貸出しを禁止することができる。

3 許可を受けた者が,やむを得ない理由により第1項の期間内に許可証及び番号標を返納することができないおそれがあるときは,直ちにその旨を市長に申し出なければならない。

(平14規則20・旧第7条繰上・一部改正)

(許可証及び番号標の亡失等)

第6条 許可を受けた者が,許可証又は番号標を亡失し,又はき損したときは,自動車臨時運行許可番号標(許可証)亡失(き損)(第3号様式)により市長に届けなければならない。

(昭63規則47・一部改正,平14規則20・旧第8条繰上,平18規則13・一部改正)

(実費弁償)

第7条 許可を受けた者が,番号標を亡失又はき損したときは,番号標1枚につき実費弁償金を納付しなければならない。ただし,当該亡失又はき損についてやむを得ない理由があると市長が認めたときは,これを減免することができる。

(平14規則20・旧第9条繰上)

附 則

この規則は,昭和43年11月1日から施行する。

附 則(昭和44年規則第10号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和49年規則第6号)

1 この規則は,昭和49年4月1日から施行する。

2 この規則施行前にした行為に対するこの規則による改正後の規則の規定の適用については,なお従前の例による。

附 則(昭和49年規則第42号)

1 この規則は,公布の日から施行する。

2 この規則により定められた様式について,従前,使用していた様式は,当分の間,所要の調整をして使用することができる。

附 則(昭和63年規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は,昭和63年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の際現に存するこの規則による改正前の様式用紙は,当分の間,これを取り繕い使用することができる。

附 則(昭和63年規則第47号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成6年規則第38号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成14年規則第20号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の際現に存するこの規則による改正前の規則の様式の用紙は,当分の間,これを取り繕い使用することができる。

附 則(平成18年規則第13号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成31年規則第1号)

この規則は,平成31年7月1日から施行する。

第1号様式(第2条第1項)

(昭63規則47・全改,平14規則20・一部改正)

画像画像

第2号様式(第4条,第5条第1項・第3項,第6条)

(昭49規則6・全改,昭63規則47・旧第3号様式繰上・一部改正,平14規則20・平18規則13・平31規則1・一部改正)

画像

第3号様式(第6条)

(平18規則13・全改)

画像

自動車の臨時運行許可に関する規則

昭和43年10月1日 規則第20号

(令和元年7月1日施行)

体系情報
処  務
沿革情報
昭和43年10月1日 規則第20号
昭和44年4月1日 規則第10号
昭和49年4月1日 規則第6号
昭和49年10月1日 規則第42号
昭和63年3月30日 規則第6号
昭和63年11月7日 規則第47号
平成6年10月14日 規則第38号
平成14年3月26日 規則第20号
平成18年3月20日 規則第13号
平成31年2月4日 規則第1号