○八千代市公文例規程

昭和43年6月1日

訓令甲第10号

(目的)

第1条 公用文の種類,書き方,文体,用語,用字,書式,その他公用文の作成については,別に定めあるほか,この規程の定めるところによる。

(公用文の書き方)

第2条 公用文は,左横書きとする。ただし,次の各号に掲げるものは,縦書きとする。

(1) 法令等の規定により,様式を縦書きに定められているもの

(2) 他の官公署で,様式を縦書きに定められているもの

(3) その他市長が横書きにすることが不適当であると認めたもの

(公用文作成の要領)

第3条 公用文は,別表第1(公用文作成の要領及び公用文における当用漢字の音訓使用及び送り仮名の付け方について)により,努めて平易簡明に作成するものとし字句を訂正したときは,これに証印しなければならない。

2 かなづかいは,別表第2(現代かなづかいの要領)によるものとする。

3 送り仮名の付け方は,別表第3(送り仮名の付け方)によるものとする。

4 くぎり符号は,次に掲げるとおりとし,その用い方は,別表第4(くぎり符号の用い方)によるものとする。

(1) 左横書きの場合

「。」,「,」,「・」,「.」,「:」,「( )」,「〔 〕」,「「 」」,「『 』」,「~」,「―」

(2) 縦書きの場合

画像

(昭49訓令甲17・一部改正)

(条例の形式等)

第4条 条例の起案方式,文字の配列は,おおむね次の基準による。

[様式ダウンロード]

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

(規則の形式)

第5条 規則の法文構成及び一部改正の方法は,それぞれ条例の例による。

(参考)

1 意義

(1) 規則は,地方自治法第15条の規定に基づき,市長が制定する法規で,条例とは別個な法形式であって,条例との優劣については,条例施行のためその委任に基づき,制定される規則は,条例より劣るとされている。

(2) 規則で制定できる事項は,住民の権利義務に関する事務と行政事務とに一応区分できるがあくまで法令に違反しないもので,かつ,地方公共団体の長の権限に属する範囲内に限られている。

(3) 規則の効力,公布,施行期日等については,ほとんどが条例と同様である。

2 作成上の注意

この点についても条例と全く同様であるが,ただ地方自治法第15条第2項の規定により規則にも罰則を設けることができることになっている。しかし,この罰則は条例とは異なり,過料という行政上の秩序罰としてのものであって,条例のような刑法の適用のあるものではない。

(告示)

第6条 告示するもので法令の形式をとるものは,文字の配列等については条例の例により,そこ公示の形式については,次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像画像画像

(訓令の形式)

第7条 訓令の形式は,次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像画像画像

(達の形式)

第8条 達の形式は,次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像

(指令の形式)

第9条 指令の形式は,次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像画像画像

(通達の形式)

第10条 通達の形式は,次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像

(依命通達の形式)

第11条 依命通達の形式は,次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像画像

(往復文の形式)

第12条 往復文の形式は,次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像画像画像画像画像画像画像画像画像

(議案の形式)

第13条 議案の形式は,概ね次のとおりとする。

[様式ダウンロード]

画像

附 則

1 この規則は,昭和43年6月1日から施行する。

附 則(昭和49年訓令甲第17号)

この規程は,令達の日から施行する。

附 則(昭和53年訓令甲第4号)

この規程は,昭和53年4月1日から施行する。

附 則(平成元年訓令甲第7号)

この規程は,平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成3年訓令甲第5号)

この規程は,平成3年4月1日から施行する。

別表第1

(昭49訓令甲17・平元訓令甲7・一部改正)

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

別表第2

画像画像画像

別表第3

(昭49訓令甲17・全改)

画像画像画像画像画像画像画像

別表第4

(平元訓令甲7・一部改正)

画像画像画像画像画像画像画像画像

八千代市公文例規程

昭和43年6月1日 訓令甲第10号

(平成3年3月28日施行)