○八千代市指定給水装置工事事業者規程

平成10年3月26日

水企管理規程第3号

(趣旨)

第1条 この管理規程は,水道法(昭和32年法律第177号。以下「法」という。)第16条の2第1項の規定により八千代市事業管理者(以下「管理者」という。)が指定した指定給水装置工事事業者(以下「指定工事業者」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(平18水企管理規程2・一部改正)

(用語の定義)

第2条 この管理規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 施行令 水道法施行令(昭和32年政令第336号)をいう。

(2) 施行規則 水道法施行規則(昭和32年厚生省令第45号)をいう。

(4) 施行規程 八千代市水道事業給水条例施行規程(平成10年八千代市水企管理規程第2号)をいう。

(5) 給水装置 条例第3条に規定する給水装置をいう。

(6) 給水装置工事 給水装置の新設,改造,修繕(施行規則第13条で定める給水装置の軽微な変更を除く。)又は撤去の工事をいう。

(7) 給水装置工事主任技術者 法第25条の5第1項の規定により給水装置工事主任技術者免状の交付を受けている者をいう。

(業務処理の原則)

第3条 指定工事業者は,法,施行令,施行規則,条例,施行規程及びこの規則並びにこれらの規定に基づく管理者の指示を遵守し,誠実にその業務を行わなければならない。

(指定給水装置工事事業者証の交付)

第4条 管理者は,法第16条の2第1項の指定をしたときは,八千代市指定給水装置工事事業者証(別記様式。以下「指定工事業者証」という。)を交付するものとする。

2 指定工事業者は,事業を廃止しようとするとき,又は指定の取消しを受けたときは,指定工事業者証を管理者に返納するものとする。

3 指定工事業者は,事業を休止しようとするとき,又は指定を停止されたときは,指定工事業者証を管理者に提出するものとする。

4 管理者は,指定工事業者が事業の再開を届出たとき,又は指定の停止期間が経過したときは,指定工事業者証を返還するものとする。

5 指定工事業者は,指定工事業者証を汚損し,又は紛失したときは,再交付を求めることができる。

(指定の更新)

第5条 前条第1項の規定は,法第25条の3の2第1項の指定の更新について準用する。この場合において,管理者は,指定工事業者から指定工事業者証を返納させた上で,新たな指定工事業者証を交付するものとする。

(令元企管理規程3・追加)

(指定の停止)

第6条 管理者は,指定工事業者が法第25条の11第1項各号のいずれかに該当する場合において,当該指定工事業者に特別の事情があると認めるときは,指定の取消しに代えて,6月以内の期間を定めて指定を停止することができる。

(令元企管理規程3・旧第5条繰下)

(指定等の公示)

第7条 管理者は,次の各号のいずれかに該当するときは,その都度公示する。

(1) 指定工事業者を指定したとき。

(2) 指定工事業者の指定を更新したとき。

(3) 指定工事業者から給水装置工事の事業の廃止,休止又は再開の届出があったとき。

(4) 指定工事業者の指定を取り消したとき。

(5) 指定工事業者の指定を停止したとき。

(令元企管理規程3・旧第6条繰下・一部改正)

(講習会)

第8条 管理者は,給水装置工事の施行に関する知識及び技術の向上を図るため,指定工事業者,給水装置工事主任技術者及びその他の給水装置工事に従事する者を対象とする講習会を実施し,又は他団体の実施する講習会を推薦することができる。

(令元企管理規程3・旧第7条繰下)

(補則)

第9条 この管理規程に定めるもののほか,必要な事項は,管理者が別に定める。

(令元企管理規程3・旧第8条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この管理規程は,平成10年4月1日から施行する。

(八千代市指定水道工事店規程の廃止)

2 八千代市指定水道工事店規程(昭和53年八千代市水企管理規程第5号)は,廃止する。

附 則(平成18年水企管理規程第2号)

(施行期日)

1 この管理規程は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(令和元年企管理規程第3号)

この管理規程は,令和元年10月1日から施行する。

別記様式(第4条)

(平18水企管理規程2・令元企管理規程3・一部改正)

画像

八千代市指定給水装置工事事業者規程

平成10年3月26日 水道企業管理規程第3号

(令和元年10月1日施行)