○八千代市不法投棄防止条例施行規則

平成14年9月30日

規則第41号

(趣旨)

第1条 この規則は,八千代市不法投棄防止条例(平成14年八千代市条例第15号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(報償金)

第2条 条例第7条の規定によりごみ等の不法投棄の情報提供があった場合において,次の各号のいずれにも該当するときは,市長は,当該情報提供した者に対し,10,000円の報償金を支給するものとする。

(1) ごみ等が良好な生活環境の確保に支障のあるものであるとき。

(2) ごみ等の不法投棄を行った者が判明したとき。

(3) 前号の者が自ら当該ごみ等を撤去したとき。

(措置命令)

第3条 条例第8条第1項の規定による措置命令は,措置命令書(第1号様式)により行うものとする。

(立入調査員の指定)

第4条 市長は,条例第9条第1項の立入調査を行う職員を指定するものとする。

2 前項の規定により指定された職員が立入調査を行う場合においては,その身分を証明する立入調査員証(第2号様式)を携帯し,関係者から請求があったときは,これを提示しなければならない。

(補則)

第5条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成14年10月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第28号)

(施行期日)

1 この規則は,平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の際現に存するこの規則による改正前の各規則の様式の用紙は,当分の間,これを取り繕い使用することができる。

附 則(平成19年規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は,平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の際現に存するこの規則による改正前の各規則の様式の用紙は,当分の間,これを取り繕い使用することができる。

附 則(平成28年規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は,平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の際現に存するこの規則による改正前の各規則の様式の用紙は,当分の間,これを取り繕い使用することができる。

第1号様式(第3条)

(平17規則28・平28規則6・一部改正)

画像

第2号様式(第4条)

(平19規則17・一部改正)

画像

八千代市不法投棄防止条例施行規則

平成14年9月30日 規則第41号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
市  民/ [衛  生]
沿革情報
平成14年9月30日 規則第41号
平成17年3月31日 規則第28号
平成19年3月30日 規則第17号
平成28年3月11日 規則第6号