○八千代市営霊園の設置及び管理に関する条例

平成22年3月26日

条例第1号

目次

第1章 総則(第1条)

第2章 市営霊園の設置(第2条―第4条)

第3章 市営霊園の管理

第1節 芝生墓地(第5条―第15条)

第2節 合葬式墓地(第16条―第26条)

第4章 雑則(第27条―第33条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この条例は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定により,八千代市営霊園の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

第2章 市営霊園の設置

(設置)

第2条 市は,八千代市営霊園(以下「市営霊園」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 市営霊園の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

八千代市営霊園

八千代市小池1,521番地1

(施設)

第4条 市営霊園に,次に掲げる施設を置く。

(1) 芝生墓地

(2) 合葬式墓地

第3章 市営霊園の管理

第1節 芝生墓地

(利用許可)

第5条 芝生墓地(市営霊園内に墳墓を設けるために区画をされた土地をいう。以下同じ。)を利用しようとする者は,市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,前項の許可(以下この節において「利用許可」という。)をしたときは,許可証を交付する。

3 市長は,利用許可をする場合において,市営霊園の管理上必要な条件を付することができる。

(利用資格)

第6条 利用許可を受けることができる者は,次に掲げる要件のいずれにも該当する者とする。ただし,市長が特別の事情があると認めるときは,この限りでない。

(1) 本市に引き続き1年以上住所を有し,かつ,本市の住民基本台帳に記録されていること。

(2) 世帯主であること。

(3) 現に利用許可又は合葬式墓地の利用の許可を受けていないこと。

(平24条例17・一部改正)

(公募)

第7条 市長は,芝生墓地を利用させようとするときは,規則で定める事項を公表して,芝生墓地を利用しようとする者を公募するものとする。

2 前項の規定にかかわらず,市長は,同項の規定による公募によることが適当でないと認めるときは,当該公募をしないことができる。

3 市長は,第1項の規定による公募をした場合においては,規則で定めるところにより,利用許可の申請をすることができる者を決定するものとする。

(使用料及び管理料)

第8条 利用許可を受けた者(以下この節において「利用者」という。)は,利用許可を受けた際に,別表第1に定める額の使用料を納付しなければならない。

2 利用者は,規則で定める期日までに,毎年度,別表第1に定める管理料の額に消費税等相当額(消費税法(昭和63年法律第108号)の規定に基づき消費税が課される金額に同法第29条に規定する消費税の税率を乗じて得た額(以下この項において「消費税額」という。)及び消費税額に地方税法(昭和25年法律第226号)第72条の83に規定する地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額をいう。以下同じ。)を加えた額(その額に10円未満の端数があるときは,これを切り捨てた額)を納付しなければならない。

(令元条例1・一部改正)

(墓碑その他の設備の設置等)

第9条 利用者は,利用許可を受けた日から2年を経過する日までに,墓碑を設置しなければならない。

2 利用者は,墓碑その他の設備の設置等をしようとするときは,あらかじめ,市長に届け出なければならない。

3 前項の墓碑その他の設備は,規則で定める基準に適合したものでなければならない。

(利用制限等)

第10条 利用者は,芝生墓地を,焼骨の埋蔵以外の目的に利用してはならない。ただし,墓碑その他の設備の設置等をする場合は,この限りでない。

2 芝生墓地の利用は,利用者1人につき1区画とする。

3 前項の1区画の面積は,3平方メートルとする。

(返還)

第11条 利用者は,芝生墓地を利用しなくなったときは,速やかに,その旨を市長に届け出るとともに当該芝生墓地を原状に回復して返還しなければならない。ただし,市長が特別の事情があると認めるときは,原状に回復しないで返還することができる。

(位置変更又は返還の命令等)

第12条 市長は,市営霊園の管理その他事業執行上やむを得ないときは,利用者に対し,芝生墓地の位置の変更又は芝生墓地の返還を命ずることができる。

2 市長は,前項の規定による命令をしたときは,当該命令によって利用者が通常受けるべき損失を補償するものとする。

(利用者の地位の承継)

第13条 利用者の死亡その他の事由により祭を主宰すべき地位を承継した者は,当該利用者の地位を承継する。

2 前項の規定により利用者の地位を承継した者は,遅滞なく,その旨を市長に届け出なければならない。

(利用権の消滅)

第14条 次の各号のいずれかに該当するときは,利用者が有していた利用許可に基づく権利(第29条第1号において「利用権」という。)は,消滅する。

(1) 利用者が死亡し,かつ,祭祀を主宰すべき地位を承継する者がいないとき。

(2) 利用者が死亡した後,特別の事情もなく,3年を経過しても前条第2項の規定による届出が行われないとき。

(利用許可の取消し等)

第15条 市長は,利用者が次の各号のいずれかに該当するときは,利用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 虚偽の申請その他不正の手段により利用許可を受けたとき。

(3) 第8条第2項に規定する管理料を3年間納付しないとき。

2 前項の規定により利用許可を取り消された者は,市長の指定する期日までに,芝生墓地を原状に回復しなければならない。

第2節 合葬式墓地

(合葬式墓地の施設)

第16条 合葬式墓地に,1体用及び2体用の納骨壇を設けた納骨室並びに合葬室を置く。

(利用許可)

第17条 合葬式墓地を利用しようとする者は,市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,前項の許可(以下この節において「利用許可」という。)をしたときは,許可証を交付する。

3 市長は,利用許可をする場合において,市営霊園の管理上必要な条件を付することができる。

(利用資格)

第18条 利用許可を受けることができる者は,次の各号に掲げる区分に応じ,それぞれ当該各号に掲げる要件に該当する者とする。ただし,市長が特別の事情があると認めるときは,この限りでない。

(1) 焼骨を所持している者 次に掲げる要件のいずれにも該当すること。

 本市に引き続き1年以上住所を有し,かつ,本市の住民基本台帳に記録されていること。

 現に芝生墓地の利用の許可を受けていないこと。

 申請に係る焼骨が規則で定める要件に該当すること。

(2) 焼骨を所持していない者 次に掲げる要件のいずれにも該当すること。

 本市に引き続き1年以上住所を有し,かつ,本市の住民基本台帳に記録されていること。

 自己の利用を目的とすること。

 年齢が65歳以上であること。

 現に芝生墓地の利用の許可を受けていないこと。

 2体用に係る利用許可を受けようとする場合にあっては,当該利用許可を受けようとする者と申請に係る合葬式墓地に埋蔵されることとされている者が規則で定める関係にあること。

(平24条例17・一部改正)

(公募)

第19条 市長は,合葬式墓地を利用させようとするときは,規則で定める事項を公表して,合葬式墓地を利用しようとする者を公募するものとする。

2 前項の規定にかかわらず,市長は,同項の規定による公募によることが適当でないと認めるときは,当該公募をしないことができる。

3 市長は,第1項の規定による公募をした場合においては,規則で定めるところにより,利用許可の申請をすることができる者を決定するものとする。

(使用料)

第20条 利用許可を受けた者(以下この節において「利用者」という。)は,利用許可を受けた際に,別表第2に定める額に消費税等相当額を加えた額の使用料を納付しなければならない。

2 第22条第3項の規定による承認を受けた利用者は,承認を受けた際に,別表第3に定める額に消費税等相当額を加えた額の使用料を納付しなければならない。

(令元条例1・一部改正)

(埋蔵のための措置)

第21条 自己の利用を目的とする利用者は,その死亡後においてその焼骨が埋蔵されるよう,あらかじめ必要な措置を講じておくものとする。

(埋蔵の場所)

第22条 市長は,利用許可をした日から同日後20年を経過する日までの間は,納骨壇に,当該利用許可に係る焼骨を埋蔵するものとする。

2 利用者は,前項に規定する期間内に限り,市長に対し,規則で定める日までの範囲内で同項に規定する期間の延長を求める旨の申請をすることができる。

3 市長は,前項の申請を承認したときは,第1項の規定にかかわらず,当該承認に係る延長後の期間を経過する日までの間は,引き続き,納骨壇に,当該利用許可に係る焼骨を埋蔵するものとする。

4 市長は,第1項に規定する期間を経過した日(前項の規定により当該期間の延長をした場合にあっては,当該延長後の期間を経過した日)以後は,合葬室に,当該利用許可に係る焼骨を埋蔵するものとする。

(利用制限等)

第23条 合葬式墓地には,利用許可に係る焼骨に限り,埋蔵することができる。

2 納骨室には,焼骨を埋蔵し,又はその返還を受ける場合を除き,立ち入ることができない。

3 納骨壇に埋蔵する焼骨の容器は,規則で定める基準に適合したものでなければならない。

(焼骨の返還等)

第24条 合葬式墓地に埋蔵された焼骨は,返還しない。

2 前項の規定にかかわらず,第22条第1項又は第3項の規定により焼骨が納骨壇に埋蔵されている間に,利用者又はその祭祀を主宰すべき地位を承継した者から当該焼骨の返還を求める旨の申出があったときは,当該焼骨を返還するものとする。

3 利用者は,合葬式墓地に焼骨が埋蔵されていない場合において,合葬式墓地を利用する必要がなくなったときは,速やかに,その旨を市長に届け出なければならない。

4 前2項の規定による申出又は届出があったときは,利用者が有していた利用許可に基づく権利は,消滅する。

(利用者の地位の承継)

第25条 2体用に係る利用者が死亡したときは,当該利用許可において合葬式墓地に埋蔵されることとされている者は,当該利用者の地位を承継する。

2 前項の規定により利用者の地位を承継した者は,遅滞なく,市長にその旨を届け出なければならない。

(利用許可の取消し等)

第26条 市長は,利用者が次の各号のいずれかに該当するときは,利用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 虚偽の申請その他不正の手段により利用許可を受けたとき。

2 前項の規定により利用許可を取り消された者で納骨壇に焼骨を埋蔵しているものは,市長の指定する期日までに,当該焼骨を引き取らなければならない。

第4章 雑則

(許可証の再交付)

第27条 芝生墓地又は合葬式墓地(以下「芝生墓地等」という。)の利用の許可を受けた者が,許可証を亡失し,き損し,又は汚損したときは,速やかに,許可証の再交付を受けなければならない。

2 前項の規定により許可証の再交付を受けようとする者は,1件につき300円の手数料を,当該再交付の申請の際に納付しなければならない。

(使用料等の不還付)

第28条 既納の使用料及び管理料は,還付しない。ただし,第11条又は第12条第1項の規定により利用者が芝生墓地を返還したときは,使用料の全部又は一部を還付することができる。

(焼骨の改葬)

第29条 市長は,次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,別に定める場所に焼骨を改葬することができる。

(1) 第14条の規定により利用権が消滅したとき。

(2) 第15条第2項又は第26条第2項に規定する期日までに焼骨の引取りがされないとき。

(権利譲渡等の禁止)

第30条 芝生墓地等の利用の許可を受けた者は,当該許可に基づく権利を譲渡し,又は当該許可に係る芝生墓地等を貸し付けてはならない。

(損害賠償)

第31条 市営霊園の施設又は設備に損害を与えた者は,その損害を賠償しなければならない。

(職員)

第32条 市営霊園に所長その他必要な職員を置く。

(委任)

第33条 この条例に定めるもののほか,市営霊園の管理に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第17号)

(施行期日)

1 この条例は,平成24年7月9日から施行する。

(経過措置)

6 施行日から平成25年3月31日までの間に八千代市営霊園の設置及び管理に関する条例第5条第1項に規定する芝生墓地の利用の許可を受けた者が納付すべき平成24年度分の同条例第8条第2項に規定する管理料に係る第6条の規定による改正後の同条例別表第1備考1の規定の適用については,同表備考1中「住民基本台帳に記録されている」とあるのは,「住民基本台帳に記録され,又は外国人登録原票に登録されている」とする。

附 則(平成25年条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和元年条例第1号)

この条例は,令和元年10月1日から施行する。

別表第1(第8条第1項・第2項)

(平24条例17・平25条例25・令元条例1・一部改正)

区分

単位

金額

使用料

1区画

547,000円

管理料

市内

1区画につき1年

4,800円

市内以外

1区画につき1年

5,760円

備考

1 この表において「市内」とは,管理料を納付すべき年度の4月1日(以下「基準日」という。)において芝生墓地の利用の許可を受けていた者(基準日において当該者がいない場合にあっては,基準日後において当該芝生墓地の利用の許可を受けた者)が,基準日において本市の住民基本台帳に記録されている場合をいう。

2 基準日後において芝生墓地の利用の許可を受けた場合における管理料の金額は,月割りして計算する。この場合において,当該許可を受けた日の属する月は,1月として計算するものとする。

別表第2(第20条第1項)

(平25条例25・令元条例1・一部改正)

区分

単位

金額

1体用

1区画

100,000円

2体用

1区画

200,000円

別表第3(第20条第2項)

(平25条例25・令元条例1・一部改正)

区分

単位

金額

1体用

1区画につき1年

5,000円

2体用

1区画につき1年

10,000円

八千代市営霊園の設置及び管理に関する条例

平成22年3月26日 条例第1号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
市  民/ [衛  生]
沿革情報
平成22年3月26日 条例第1号
平成24年6月29日 条例第17号
平成25年12月24日 条例第25号
令和元年6月28日 条例第1号