○山鹿市名誉市民条例施行規則

平成17年1月15日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、山鹿市名誉市民条例(平成17年山鹿市条例第5号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(称号の記及び記念章)

第2条 条例第4条に規定する名誉市民称号の記及び記念章は、それぞれ次に掲げる様式によるものとする。

(1) 名誉市民称号の記 山鹿市名誉市民称号の記(様式第1号)

(2) 記念章 記念章の制式(様式第2号)

(平27規則3・全改)

(登録)

第3条 市長は、条例第4条の規定により名誉市民として公示された者を名誉市民台帳(様式第3号)に登録するものとする。

(平27規則3・全改)

(諮問)

第4条 市長は、名誉市民としてふさわしい者があると認めるときは、次に掲げる書類により条例第6条第1項に規定する山鹿市名誉市民選考委員会(以下「選考委員会」という。)に諮問するものとする。

(1) 推薦書

(2) 履歴書

(3) 前2号に掲げるもののほか、選考委員会が必要と認める書類

(平27規則3・全改)

(選考委員会)

第5条 選考委員会に、委員長及び副委員長1人を置き、それぞれ委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、選考委員会の会務を総理し、選考委員会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

4 選考委員会の会議は、委員長が招集し、委員長が議長となる。

5 前項の会議は、委員の過半数が出席しなければ、これを開くことができない。

6 選考委員会の委員は、自己又はその親族に係る選考については、当該選考に加わることができない。

7 選考委員会の庶務は、総務部秘書広報課において処理する。

(平27規則3・追加、平29規則7・令4規則10・一部改正)

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(平27規則3・旧第5条繰下)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月15日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の山鹿市名誉市民条例施行規則(平成3年山鹿市規則第7号)、鹿北町名誉町民に関する条例施行規則(平成11年鹿北町規則第1号)、菊鹿町名誉町民に関する条例施行規則(平成8年菊鹿町規則第2号)又は鹿本町名誉町民に関する条例施行規則(昭和45年鹿本町規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成27年3月24日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成29年3月31日規則第7号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

(令和4年3月30日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、令和4年4月1日から施行する。

(平27規則3・一部改正)

画像

(平27規則3・旧様式第3号繰上・一部改正)

画像

(平27規則3・追加)

画像

山鹿市名誉市民条例施行規則

平成17年1月15日 規則第3号

(令和4年4月1日施行)