○山鹿市岳間渓谷キャンプ場条例施行規則

平成17年12月26日

規則第214号

(趣旨)

第1条 この規則は、山鹿市岳間渓谷キャンプ場条例(平成17年山鹿市条例第176号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平26規則5・一部改正)

(利用の承認)

第2条 条例第5条の規定により、山鹿市岳間渓谷キャンプ場(以下「キャンプ場」という。)を利用しようとする者は、山鹿市岳間渓谷キャンプ場施設利用承認申請書(様式第1号)を市長に提出し、山鹿市岳間渓谷キャンプ場施設利用承認書(様式第2号)の交付を受けなければならない。

(平26規則5・一部改正)

(利用料金の減免)

第3条 条例第10条の規定による利用料金の減免を受けようとする者は、山鹿市岳間渓谷キャンプ場施設使用料減免申請書(様式第3号)を市長に提出し、承認を受けなければならない。

(平26規則5・一部改正)

(遵守事項)

第4条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 利用の承認を受けた施設以外に立ち入らないこと。

(2) 所定の場所以外の場所へ車両を乗り入れ、又は留め置かないこと。

(3) 所定の場所以外の場所にごみ、空き缶その他汚物を捨てないこと。

(4) 承認を受けずにキャンプ場内において寄附の募集、物品の販売、飲食物等の提供、広告物の掲示等を行わないこと。

(5) 承認を受けずに火気等を使用し、又は所定の場所以外において喫煙しないこと。

(6) 騒音又は怒声を発し、暴力を用い、その他他人の迷惑になる行為をしないこと。

(7) 木を伐採し、若しくは植物を採取し、又は損傷しないこと。

(8) 鳥獣を捕獲し、又は殺傷しないこと。

(9) その他市長が定める事項に違反しないこと。

(適用除外)

第5条 条例第12条第1項の規定により指定管理者にキャンプ場の管理を行わせる場合は、第2条の規定は、適用しない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、キャンプ場の管理について必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(平成26年3月24日規則第5号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(令和4年2月15日規則第2号)

この規則は、令和4年4月1日から施行する。

(平26規則5・令4規則2・一部改正)

画像

(平26規則5・一部改正)

画像

(平26規則5・令4規則2・一部改正)

画像

山鹿市岳間渓谷キャンプ場条例施行規則

平成17年12月26日 規則第214号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第4章
沿革情報
平成17年12月26日 規則第214号
平成26年3月24日 規則第5号
令和4年2月15日 規則第2号