○山鹿市男女共同参画行政推進本部規程

平成17年12月1日

訓令第74号

(設置)

第1条 山鹿市における男女共同参画社会の実現に向けた施策について、総合的かつ効果的な推進を図るため、山鹿市男女共同参画行政推進本部(以下「本部」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 本部の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 男女共同参画社会の形成に係る施策の総合的かつ効果的な推進に関すること。

(2) 男女共同参画計画の策定推進における関係部局間の調整に関すること。

(3) その他男女共同参画社会の形成について必要と認められること。

(令4訓令4・一部改正)

(組織)

第3条 本部は、本部長、副本部長及び本部員をもって組織する。

2 本部長は、副市長をもって充て、副本部長は教育委員会教育長をもって充てる。

3 本部員は、各部長、教育委員会事務局教育部長及び消防長並びに市長が指名する女性管理職員をもって充てる。

(平19訓令6・平23訓令3・平26訓令5・平27訓令10・平28訓令9・一部改正)

(本部長及び副本部長)

第4条 本部長は、本部を総括する。

2 副本部長は、本部長を補佐し、本部長に事故があるとき、又は本部長が欠けたときは、その職務を代理する。

(令4訓令4・一部改正)

(会議)

第5条 本部の会議は、本部長が必要に応じて招集し、本部長が議長となる。

(幹事会)

第6条 本部に、第2条の所掌事務を補佐するため、幹事会を置く。

2 幹事会は、幹事長及び幹事をもって組織する。

3 幹事は、課長又は審議員の職にある者のうちから本部長が指名する。

4 幹事長は、幹事の互選によりこれを定める。

5 幹事会の会議は、幹事長が必要に応じて招集し、幹事長が議長となる。

6 特定の事項について調査検討させるため、特に必要があると認められるときは、幹事長は、本部長の承認を経て幹事会にワーキンググループを置くことができる。この場合において、ワーキンググループの構成員その他運営に関し必要な事項は、幹事長が本部長の承認を経て指名し、又は決定する。

(平28訓令9・令4訓令4・一部改正)

(意見の聴取)

第7条 本部長及び幹事長は、必要があると認められるときは、本部員及び幹事以外の者を会議等に出席させて意見を聴き、又は当該者に資料の提出を求めることができる。

(令4訓令4・一部改正)

(庶務)

第8条 本部の庶務は、総務部人権啓発課において処理する。

(平19訓令6・平26訓令5・平29訓令6・一部改正)

(その他)

第9条 この規程に定めるもののほか、本部の運営に関し必要な事項は、本部長が別に定める。

この規程は、平成17年12月1日から施行する。

(平成19年3月30日訓令第6号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

(平成23年3月29日訓令第3号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

(平成26年3月31日訓令第5号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

(平成27年3月31日訓令第10号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

(平成28年5月16日訓令第9号)

この規程は、平成28年5月16日から施行する。

(平成29年3月31日訓令第6号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

(令和4年3月24日訓令第4号)

この規程は、令和4年4月1日から施行する。

山鹿市男女共同参画行政推進本部規程

平成17年12月1日 訓令第74号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成17年12月1日 訓令第74号
平成19年3月30日 訓令第6号
平成23年3月29日 訓令第3号
平成26年3月31日 訓令第5号
平成27年3月31日 訓令第10号
平成28年5月16日 訓令第9号
平成29年3月31日 訓令第6号
令和4年3月24日 訓令第4号