○山鹿市あいのりタクシー運行事業補助金交付要綱

平成20年8月18日

告示第84号

(趣旨)

第1条 この要綱は、地域住民の交通の利便性向上を目的とするあいのりタクシーの運行を行う事業者に対する補助金の交付に関し、山鹿市補助金等交付規則(平成17年山鹿市規則第53号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「あいのりタクシー」とは、事前予約制により、又は路線を定めて定時に運行する乗車定員が10人以下の乗合タクシーをいう。

(令5告示131・一部改正)

(補助対象事業者)

第3条 この要綱による補助の対象となる事業者(以下この条及び第5条において「補助対象事業者」という。)は、市が定める区域及び期間において市との協定によりあいのりタクシーを運行する事業者(道路運送法(昭和26年法律第183号)第3条第1号イの一般乗合旅客自動車運送事業の許可を受けた者に限る。)とする。

(令5告示131・一部改正)

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、前条の区域におけるあいのりタクシーの運行に係る運賃(以下「実質運賃」という。)から、同条の協定において定める事業者が利用者から収受すべき金額(以下「収受運賃」という。)を控除した額とする。この場合において、事前予約制により運行するときは、補助金の額に当該予約手続に要する費用として同条の協定において定める額を加算するものとする。

2 前項の補助金の額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

(令5告示131・一部改正)

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする補助対象事業者(以下「申請者」という。)は、あいのりタクシー運行事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) あいのりタクシー事前予約制運行管理記録(様式第2号)

(2) あいのりタクシー事前予約制運行実績報告書(様式第3号)

(3) あいのりタクシー定時定路線運行実績報告書(様式第4号)

(4) その他市長が必要と認める書類

(平28告示44・令5告示131・一部改正)

(補助金の交付の決定及び額の確定等)

第6条 市長は、前条の規定により提出された申請書を審査し、これを適当と認めたときは、補助金の交付の決定及び額の確定を行い、あいのりタクシー運行事業補助金交付決定及び額の確定通知書(様式第5号)により、申請者に通知するものとする。

(令5告示131・一部改正)

(状況報告)

第7条 市長は、必要があると認めるときは、運行の実施状況について、申請者に報告を求めることができる。

(補助金の請求)

第8条 第6条の規定による通知を受けた申請者は、補助金の請求をしようとするときは、あいのりタクシー運行事業補助金交付請求書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(令5告示131・一部改正)

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

この要綱は、平成20年10月1日から施行する。

(平成28年3月31日告示第44号)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

(平成30年3月29日告示第70号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

(令和4年2月15日告示第26号)

この要綱は、令和4年4月1日から施行する。

(令和5年8月22日告示第131号)

(施行期日)

1 この要綱は、令和5年10月1日から施行する。ただし、次項の規定は、同年8月22日から施行する。

(準備行為)

2 この要綱による改正後の山鹿市あいのりタクシー運行事業補助金交付要綱第3条の協定は、この要綱の施行の日前においても行うことができる。

(平28告示44・令4告示26・令5告示131・一部改正)

画像

(令5告示131・一部改正)

画像

(平28告示44・全改、令5告示131・一部改正)

画像

(令5告示131・追加)

画像

(平30告示70・一部改正、令5告示131・旧様式第4号繰下・一部改正)

画像

(平28告示44・平30告示70・令4告示26・一部改正、令5告示131・旧様式第5号繰下)

画像

山鹿市あいのりタクシー運行事業補助金交付要綱

平成20年8月18日 告示第84号

(令和5年10月1日施行)