○山鹿市さくら湯条例施行規則

平成24年3月28日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、山鹿市さくら湯条例(平成24年山鹿市条例第9号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(入湯の手続)

第2条 さくら湯の温泉を利用しようとする者は、次項の規定により交付された入湯券を所定の場所において係員に引き渡さなければならない。

2 前項の入湯券は、条例第6条の入湯料の納入の際に交付する。

(入湯料の減免)

第3条 条例第7条の規定による入湯料の減免を受けようとする者は、さくら湯入湯料減免申請書(別記様式)を市長に提出し承認を受けなければならない。ただし、市長が当該申請書の提出を必要としない事由があると認める者については、この限りでない。

(入館者の遵守事項)

第4条 さくら湯を利用する者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) さくら湯の施設又は設備を損傷し、若しくは汚損し、又はそのおそれのある行為をしないこと。

(2) 所定の場所以外の場所で喫煙又は飲食をしないこと。

(3) さくら湯内において寄付の募集、物品の販売、飲食物等の提供、広告物の掲示等を行わないこと。

(4) 他の入館者に迷惑となる行為をしないこと。

(5) その他係員の指示に従うこと。

(指定管理者による管理に係る適用除外)

第5条 第2条から前条までの規定は、条例第10条第1項の規定により指定管理者にさくら湯の管理を行わせる場合には、適用しない。

2 前項の場合において、さくら湯の入湯及び入湯料の減免の手続並びに入館者の遵守事項については、指定管理者の定めるところによる。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、条例の施行の日から施行する。

画像

山鹿市さくら湯条例施行規則

平成24年3月28日 規則第13号

(平成24年11月23日施行)