○山口市監査委員事務局処務規程

平成18年1月4日

監査委員訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、山口市監査委員に関する条例(平成17年山口市条例第54号)第7条の規定に基づき、山口市監査委員事務局(以下「事務局」という。)の処務に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 事務局に事務局長のほか、特に必要があるときは、参事、副参事、主幹、副主幹、主査、主任主事その他職員を置くことができる。

(職務)

第3条 事務局長は、監査委員の命を受け、事務局の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 参事及び副参事は、事務局長の命を受け、事務局の事務を掌理する。

3 主幹及び副主幹は、上司の命を受け、所掌事務を処理する。

4 主査及び主任主事は、上司の命を受け、所掌事務を処理する。

5 前各号に掲げるもののほか、職員は、上司の命を受け、所掌事務に従事する。

(事務分掌)

第4条 事務局の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 監査、検査及び審査の結果の通知、報告、公表及び意見に関すること。

(2) 文書の収受、発送、編さん及び保存に関すること。

(3) 予算、決算及び経理に関すること。

(4) 人事及び服務に関すること。

(5) 監査委員が特に命じた事項に関すること。

(6) 監査委員会議に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、監査、検査及び審査に関すること。

(専決)

第5条 事務局長は、山口市職務権限規程(平成17年山口市訓令第2号。以下「職務権限規程」という。)別表第1に掲げる部長、部次長及び課長の専決事項(財務に関する事務に係るものを除く。)について専決することができる。ただし、参事を置く場合は、参事が部次長及び課長の専決事項(副参事を置く場合は、課長の専決事項を除く。)を専決し、副参事を置く場合は、副参事が課長の専決事項を専決する。

(代理及び代決等)

第6条 事務局長に事故があるとき又は事務局長が欠けたときは、事務局長の職務の代理は、次のとおりとする。

(1) 参事を置く場合は、参事が代理する。ただし、参事を置かない場合は、副参事が代理する。

(2) 参事及び副参事を置かない場合は、事務局長があらかじめ指定する者が代理する。

2 事務局長が不在のとき、事務局長が専決すべき事項の代決は、次のとおりとする。

(1) 参事を置く場合は、参事が代決する。ただし、参事を置かない場合は、副参事が代決する。

(2) 参事及び副参事を置かない場合は、事務局長があらかじめ指定する者が代決する。ただし、事務局長があらかじめ指定する者は、職務権限規程別表第1に掲げる部長及び部次長の専決事項については、代決をすることができない。

3 参事を置く場合の参事の専決すべき事項の代決等は、次のとおりとする。

(1) 参事が不在のときは、副参事が代決する。

(2) 副参事を置かない場合は、参事があらかじめ指定する者が代決する。ただし、職務権限規程別表第1に掲げる部次長の専決事項については、事務局長が決裁する。

(3) 参事、副参事及び参事があらかじめ指定する者が共に不在のときは、事務局長が決裁する。

4 副参事を置く場合の副参事の専決すべき事項の代決等は、次のとおりとする。

(1) 副参事が不在のときは、副参事があらかじめ指定する者が代決する。

(2) 副参事及び副参事があらかじめ指定する者が共に不在のときは、参事が決裁する。参事を置かない場合は、事務局長が決裁する。

5 前3項の規定により代決した者は、その事項について専決者に報告しなければならない。この場合、必要があると認めるときは、代決した事項を専決者に後閲するものとする。

(公印)

第7条 事務局に次の公印を置き、事務局長がこれを保管する。

代表監査委員の印

書体 古印体

寸法 方25ミリメートル

形状 正方形

監査委員の印

書体 古印体

寸法 方25ミリメートル

形状 正方形

事務局長の印

書体 てん書

寸法 方20ミリメートル

形状 正方形

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、事務局に属する事務の処理及び職員の服務については、山口市諸規定を準用する。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年4月1日監査委員訓令第1号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

山口市監査委員事務局処務規程

平成18年1月4日 監査委員訓令第1号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第6章
沿革情報
平成18年1月4日 監査委員訓令第1号
平成24年4月1日 監査委員訓令第1号