○山口市監査委員電子署名等に関する規程

平成18年1月4日

監査委員訓令第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は、電子署名等に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 電子署名 電子計算機による情報処理に使われるもので、電磁的な方式で記録された情報について行われる措置であって、次のいずれにも該当するものをいう。

 当該情報が当該措置を行った者の作成であることを示すためのものであること。

 当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものであること。

(2) ICカード等 総合行政ネットワーク運営主体によって発行された電子署名を実施するために用いる符号を格納したICカード等の電磁的方式による記録媒体をいう。

(電子署名を行う文書の発信者等)

第3条 電子署名を付した文書は、次に掲げる職名をもって発信するものとする。

(1) 代表監査委員

(2) 監査委員

(ICカード等管理者)

第4条 ICカード等を適正に管理するとともに、電子署名の実施に関する事務を処理するために、別表に掲げるICカード等管理者を置く。

(ICカード等の管理)

第5条 ICカード等管理者は、ICカード等を堅ろうな容器に納め、原則としてその容器に錠を施し、盗難、不正使用のないよう保管するものとする。

(ICカード等管理者が不在の場合の措置)

第6条 ICカード等管理者が不在のときは、あらかじめICカード等管理者が指名した職員がその職務を行うものとする。

(電子署名の実施)

第7条 電子署名の実施を必要とする者は、電子署名を付すべき電磁的記録(以下「電磁署名を付すべき文書等」という。)に決裁文書その他証拠書類を添えてICカード等管理者に提示し、その承認を得なければならない。

2 ICカード等管理者は、電子署名の実施を承認するときは、次の事項を確認し、必要な指示をしなければならない。

(1) 決裁区分による決裁の有無

(2) 原議書と電子署名を付すべき文書等との校合の有無

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、電子署名等に関し必要な事項は、監査委員が別に定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年12月22日監査委員訓令第6号)

この訓令は、平成18年12月25日から施行する。

附 則(平成20年9月30日監査委員訓令第2号)

この訓令は、平成20年10月1日から施行する。

別表(第4条関係)

電子署名等の種類

ICカード等管理者

代表監査委員の電子署名

監査委員の電子署名

事務局長

文書取扱主任の電子署名

文書取扱主任

山口市監査委員電子署名等に関する規程

平成18年1月4日 監査委員訓令第5号

(平成20年10月1日施行)