○山口市柚野農産加工販売所設置及び管理条例施行規則

平成17年10月1日

規則第143号

(利用許可の申請等)

第2条 条例第10条第1項の規定により山口市柚野農産加工販売所(以下「加工販売所」という。)の利用許可を受けようとする者は、加工販売所利用申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を指定管理者に提出しなければならない。利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が許可された事項を変更しようとするときも同様とする。

2 前項の申請書は、指定管理者が特別に理由があると認める場合を除き、利用しようとする日の属する月前3箇月から受理することができる。

(許可書の交付)

第3条 指定管理者は、加工販売所の利用を許可したときは、加工販売所利用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付するものとする。

(利用料金の納付時期)

第4条 利用者は、許可書の交付を受けたときに加工販売所の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を納付するものとする。

(利用料金の減免)

第5条 条例第15条の規定により、利用料金の減額又は免除することができる場合は、市が主催して行う行事において加工販売所の目的を達成するため利用すると認められるとき、又は公益性があるものとして利用すると認められるときとする。

2 利用者は、利用料金の減額又は免除を受けようとするときは、加工販売所利用料金減免申請書(様式第3号)を指定管理者に提出しなければならない。

(利用の中止)

第6条 利用者は、加工販売所の利用を中止しようとするときは、加工販売所利用取消願(様式第4号)に許可書を添えて、指定管理者に提出しなければならない。

(利用料金の還付)

第7条 条例第16条ただし書の規定により既納の利用料金を還付することができる場合は、次に定めるところによる。

(1) 加工販売所の管理上の都合により、施設の利用許可を取り消したとき。

(2) 加工販売所が災害その他利用者の責めに帰さない理由により利用ができなくなったとき。

(3) 市長が、災害対策等公益上特に必要があるとして加工販売所を利用することにより、利用ができなくなったとき。

2 前項により還付する額は、全額とする。

(損傷及び滅失の届出)

第8条 利用者は、加工販売所の建物又は附属設備を損傷し、又は滅失したときは、加工販売所損傷・滅失届(様式第5号)により届け出て、指定管理者の指示を受けなければならない。

(利用の終了)

第9条 利用者は、加工販売所の利用を終えたときは、直ちに指定管理者に届け出て点検を受けなければならない。

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか、加工販売所の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の徳地町農産加工販売所・農産加工所の設置及び管理運営に関する条例施行規則(平成17年徳地町規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年12月3日規則第56号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

山口市柚野農産加工販売所設置及び管理条例施行規則

平成17年10月1日 規則第143号

(平成25年4月1日施行)