○山口市非補助土地改良事業利子補給に関する特別措置条例

平成17年10月1日

条例第174号

(目的)

第1条 この条例は、株式会社日本政策金融公庫から資金を借り入れて非補助土地改良事業を行うものに対し、利子補給金を交付することにより、農業の生産力の維持及び増強に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「非補助土地改良事業」とは、土地改良法(昭和24年法律第195号)の規定により施行する土地改良事業のうち、当該事業の全部又は一部につき、国、県又は市から補助金が交付されたことがなく、かつ、交付される見込みがないものをいう。

(利子補給金の交付の対象及び補助率)

第3条 市は、株式会社日本政策金融公庫から資金を借り入れて非補助土地改良事業を行う者(以下「施行者」という。)に対し、予算の範囲内で、その者が当該借入れにつき、株式会社日本政策金融公庫に支払った利子の額の100分の40に相当する額を限度として利子補給金を交付する。

2 市は、前項の規定にかかわらず、市長が別に定める非補助土地改良事業の施行者に対しては、その者が当該借入れにつき株式会社日本政策金融公庫に支払った利子の額に相当する額の利子補給金を交付する。

(施行者の規定の違反に対する措置)

第4条 市長は、前条の規定による利子補給金(以下「利子補給金」という。)の交付を受けようとする施行者又は利子補給金の交付を受けた施行者が、この条例に基づく規則又はこれに基づき市長が行う処分に違反したときは、当該施行者に対し、支給すべき利子補給金の全部若しくは一部を交付せず、又は交付した利子補給金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の非補助土地改良事業利子補給に関する特別措置条例(昭和34年山口市条例第15号)、小郡町非補助土地改良事業利子補給金に関する条例(昭和33年小郡町条例第7号)、秋穂町非補助土地改良事業利子補給金に関する条例(昭和34年秋穂町条例第1号)又は徳地町非補助土地改良事業利子補給金に関する条例(昭和34年徳地町条例第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年12月19日条例第55号)

この条例は、公布の日から施行する。

山口市非補助土地改良事業利子補給に関する特別措置条例

平成17年10月1日 条例第174号

(平成20年12月19日施行)

体系情報
第9編 業/第2章 農林・水産/ 農業一般
沿革情報
平成17年10月1日 条例第174号
平成20年12月19日 条例第55号